御霊の思いにご意見ありがとうございます。

昨日、一日だけで多くの方が、御霊たちの思いに対してご意見を下さいましたことを感謝いたします。全てのコメントは、記事の最後に掲載しておりますので、どうぞお読み下さい。

今回のことで最も大切なことは、人の気持ちも、御霊の気持ちも、これほど色々な考えがあるからこそ、常に、神仏に向き合う時は、自分の普段の思いが問われるということです。
それは、どの考えが正しいとか間違いではなく、ひとつの思いをどうするかが、その人の責任だという意味です。
私たち大人は、全ての子供たちより先に人生を経験した人間として、辛い事が起きた時に思いやりを持って、どう生きるかの対応を教えなければいけない立場にあります。
御霊の思いに対して勇気を持って発言してくれた皆様にお願いしたい事は、自分の両親や子供、兄弟・家族の死に対して、同じように思えて、同じように家族に言える自分であるかを確認して下さい。
最も、大切な人の死を感じて言う言葉なら、御霊たちも理解してくれるはずです。
私たち大人は、常に、誰かに道を示さなければいけない立場にあります。
東日本大地震で亡くなった方も、昨日、交通事故で亡くなった子供の命も、同じ命の重さですが、家族の思いや意味は違います。
だから、理屈で話しても、決して、家族も御霊も受け入れてはくれません。
今回の東北神事に参加した方たちは、初めて見る悲惨な光景の中に立った時、誰もが言葉を失いました。
かわいそうなどと、他人事で言えないものを体で感じたからです。
3月11日の0時の祈りの時にも、「自分の一番、大切な家族が亡くなったと思って祈りなさい」と教えられ、誰もが、溢れる涙を止められませんでした。
頭の中で知っているつもりのことと、自分が感じたことの違いは、これほどあります。
どうか、亡くなった御霊たちが自分の子供であり、親だと考えた時に、あなたがどうするのかを真剣に考えてみて下さい。
私たちが考える思いは全て、御霊たちも聞いていますし、あなたや家族を守護している先祖たちも、ふと思うだけで聞こえています。
私たちは御霊たちに出来ない肉体を持って、まだ、生きているのですから、苦しみを歓びに変えたり、悲しみを感謝に変えて、大切に思いを見守りながらも、子供たちに勇気を示す責任が全員にあると私は思っています。
昨日、御霊たちには、あと、二つだけ思いを聞くと約束しています。
あまり、長い時間、御霊たちの霊界に繋がり続けていると、体も精神も壊れてしまうからです。今でも、十分、体は不調和な状態ですが、私は約束は果たします。
自分が生まれ持った役目を果たすと決めているからですが、どうか、ご自分の守護ラインを通して、すぐに、ご自分の先祖たちと対話して下さい。
仏壇が有る方は仏壇を通して、神棚が有る方は神棚を通して、祈りの場所が無い方は西の方角を向いて、自分を守ってくれている先祖と対話して下さい。
その中で、「ふと思う事」を大切にして下さい。
先祖たちは、そうやって思いを伝えてくれるのです。
皆さんが、自分の先祖に守られていることを感じる時間こそ、もっとも神仏に近づく方法ですから、どうか、霊道ラインが開いているこの機会を有効に使って御霊たちと対話して下さい。
そして、あなたが対話したメッセージをコメントに載せて下さい。多くの人たちと、大切な思いを確認し合いましょう。※本名で書かれていない方のコメントは削除致します。

御霊の思いにご意見ありがとうございます。」への6件のフィードバック

  • 2012年3月17日 @ 2:05 PM
    パーマリンク

    吉岡さんメッセージありがとうございます。
    そして、本当にお疲れ様です!!!!!
    たくさんのコメント、心込められた思いと正直な思いを読み~真剣に思う。御霊が上がって本当の役目を果たしてほしいと一斉に願う気持ちが大切で、そう思う瞬間このときを待っていたのだと思います。しっかり届いたと思います。
    御先祖さまを思う。
    ~深くお祈りします~
    御先祖さま代々の大元までもが、私のことをいつでも守っていることを深く感謝してなりません。どんな時でも、いつもいつまでも愛して止まないのですね。
    その深い愛に涙が止まることはありません。
    涙でいっぱいです。
    よいことがあるときには感謝を忘れないかもしれませんが、
    こちらが、すっかり忘れている時でさえ、いつでも手を差し伸べているのですね。そのことに気がつかねばなりませんね。どんなことをしても守らなきゃと、それこそ命がけですね。
    私も、深く、深く感謝し愛して行くことを決して忘れません。
    ハートの奥の奥で御先祖さま代々の大元までつながっていますね。
    それは愛ですね。
    本当にありがとうございます。
    ありがとうございます。感謝を忘れません。
    ずっとずっと
    愛して行きますね!!!!!
    河地千香子

  • 2012年3月17日 @ 4:32 PM
    パーマリンク

    伊藤真樹子です。
    昨日、私が先に旅立つ日のことを想い、泣きました。
    そして、それからずっと考えていました。
    もしも娘が先に旅立ち、私の元を離れようとしないなら、
    私は、早くお迎えに来てもらいなさいと言うだろうし、
    私のご先祖さまに、心から祈るだろうと思いました。
    肉体をもたないままとどまる世界は、
    とても寂しい世界だって知っているからです。
    コメントに書いたように私は、
    そこにとどまってでも
    娘の成長を見たいと願ってしまうだろうけど
    娘に、早く行きなさいと願うなら、
    私も進むことを選ばなければいけません。
    そして、土地に遺る全ての優しい御霊たちにも、そう願います。
    言葉では伝わらないことを知っています。
    私が私を愛することでしか、
    娘に、自分を愛しなさいと伝えることができないんです。
    娘だけではなく、全ての人たちに対してそうなんです。
    数年前、大好きな叔母が、突然亡くなりました。
    小学校の先生をしていた叔母は、
    子育ての最前線で、親子を見守ってきた人でした。
    叔母は、身体を大切にする人でした。
    日々の習慣を大切にする人でした。
    学び続けている人でした。
    叔母が、自分を大切にする、
    自分を愛するということの本当の意味を
    教えてくれます。
    自分を犠牲にする心は、愛ではない。
    ここが、私の最大の学びだと教わりました。
    ありがとうございます。
    この身体が自分だけのものではないということ。
    思い知らされます。ごめんなさい。
    ありがとうございます。
    娘を愛するように、全てを愛します。
    こう想えるのは、今まさに私が、娘として、
    たくさんの存在から愛されているからです。
    ありがたいことです。ありがとうございます。

  • 2012年3月17日 @ 5:07 PM
    パーマリンク

    ご先祖様方々、今まで生命と魂の絆を繋げてくれてありがとうございます。生かして頂いて無限の無限のありがとうございます。
    ◎アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ 生かして頂いてありがとうございます。

  • 2012年3月17日 @ 8:10 PM
    パーマリンク

    このブログを読みながら、御霊さんたちに少し親近感を覚えました。
    いろんな思いを持って、この世界に残っているということがわかって、ありがたいと思いました。
    でも、読んでいるうちに、おばあちゃんを想って泣けてきました。
    ずいぶん前に亡くなっているんですが、この御霊さんたちと一緒で、もし、上に上がれずにいるなら、あたしたちのことが心配で、ずっとこの世界に残ってうろうろしてるんなら、あたしはすごく悲しいし、寂しいです。
    あたしも魂になって、上に行けば会えると思っているのに、この世でうろうろしてたら絶対会えないじゃないですかーー!!
    今近くにいてくれてたとしても、あたしは全く感じないし、聞こえないから、わからないし。
    この世に残っていたら、楽しいですか?
    寂しくないんですか?
    少しでも寂しかったり、悲しかったりしてるなら、あたしも寂しいし、悲しいです。
    上に上がって、人生お疲れ様パーティーするくらい楽しんでいてほしいです。
    次の人生、どんな感じにする~??ってワクワクしててほしいです。
    そして、たまに、あたしたちのことを見守っててほしいです。
    あたしのおばあちゃんがこっちでウロウロしてるんなら、そう言いたいです。
    あたしも、心配かけないように、幸せになるから。って。
    何もわからないのに、偉そうなことをいって、ごめんなさい。
    今回、吉岡さんのブログで御霊さんたちの気持ちを知ることができて、本当に良かったと思いました。
    いつもあたしたちのことを考えてくれて、本当にありがとうございます。
    少しでも御霊さんたちを感じることができるなら、お礼を言いたいです。

  • 2012年3月17日 @ 11:22 PM
    パーマリンク

    今日は、昨日、自分が出したコメントについて、と、御先祖様について、答え合わせをした1日となりました。
    まず、ふと思ったこと…。
    「肉体があり、この世に生きていることが、奇跡的な状況である。」
    この世に出られた事自体、奇跡だと思っています。
    昨日のコメントに辿り着くまでには、実はかなりの年数が経っています。一年や、二年ではありません。
    今のところ、私の中では究極です。つまり、自分も含め、ありとあらゆる大切な方が、肉体を失ってしまっても、それでも生きて行くと、覚悟と責任の意志が込められているのです。
    自分が子どもより、先立つ事になってしまっても、その子だから耐えられる、それも、自ら選んでいるということ、私もまた、その状況になる事を覚悟して、この世に出る事を決めている…といった具合です。
    御霊の皆様には、厳しいでしょうか…。重たいでしょうか…。非情でしょうか…。
    でも、私は、決めているので、これを、伝えて行くんだなと、答えが出た感じです。
    御先祖様については、今日までの自分を、本当に深い愛と、光を送って下さっていると思っています。
    今思えば、いろんな迷いは、直感というツールを使い、苦しみは時間にゆだね…。
    表向きは、一人のようですが、確かに、守られています。
    凄いです。
    ここまでお話して、かなり暗い感じのコメントになってると思いますが、私自身は、毎日が楽しくて仕方ないのです!!
    何だかウキウキしたり、一見怪しい、と、思われたりしてるかもしれませんが、この気持ちは、おそらく御先祖様から頂いている、「愛」なのでは、と思いました。
    感謝です。
    ありがとうございます(*^_^*)
    五位野加奈子

  • 2012年3月18日 @ 12:22 AM
    パーマリンク

    ふと思うこと。
    さまよっている御霊達に対して投げかけた言葉に対して、「私って生意気かなぁ?」と亡くなった父に問いかけました。すると、「そんなことないで、自分の思うとおりに生きなさい」と聞こえました。
    父は私を応援してくれています。
    どんな風に生きようと、結果の責任を負うのは自分自身でしかないからです。
    何が善いかどうかもわからない、自分が産んだ娘が実は以前私の母だったかもしれない・・。
    そんな巡り合わせの中でこの世で袖を触れ合うのだもの、逃げずに真剣に生きるしかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です