土地の神様に話しを聞きに行って下さい!

今年、7月24日に大地震が起きる啓示を降ろしましたが、この「事前啓示」に対して全国の地球創生の仲間たちは光で意識を繋ぎながら、地球創生SNSの中で自分が調べた調査や神事の情報を公開し合って意識を共有しています。

私も、19日(土)から関西に入りますのが、関西地区勉強会では「神を降ろす神サニワ」を行いながら関西の土地のどこで何をするべきかを仲間と話し合おうと思っていますので、関西在住の方で日本を守る気持ちのある方は、どうぞ、神心を合わせて関西勉強会にお越し下さい。
翌日は、関西の仲間達と関西の土地神の場所へ行って神と対話する神事を行いますが、もう定員ですので参加はご遠慮下さい。
21日は、愛知県で勉強会を行った翌日に、震源地のひとつにあげられている「愛知県南部」で重要な神事を行います。
事前読み取りをしている時に、関東の富士山ラインと関西の白山ラインがぶつかっている愛知県南部は、日本を守る「龍の心臓」だということがわかりました。
昔、日本の西に京が合った時の自然神信仰は、「白山信仰」でした。
そして、東に京が移ってからは「富士山信仰」が中心になっていますが、この両方のエネルギーラインが、愛知県南部に繋がっている意味を感じて下さい。
私は昔から自然界が作った三河湾の「蟹の両手」が何を意味しているのかと思っていましたが、神知らせでわかったことは、この場所で守っているのが、日本という土地龍の最も重要な心臓部分なのです。
神の声や守護の声が聞こえる方達は、どうぞ、ここへ行って自分が必要だと思ったことをすぐになさって下さい。ただ、「地震を納めて欲しい」などという傲慢な人間の心では神々は動きませんので、自分が神に向き合う為に何をするべきか?を聞きに行って下さい。
私たちが行う神事の場所は、いづれ公開するつもりですが、重要なことは地球という土地の神々の意思を人間の欲望で変えるのではなく、人間自体が心を変えるための学びを神々に伺いに行く心で動いて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です