1. HOME
  2. ブログ
  3. ○天無神人の地球創生神事
  4. 【愛知県】渥美半島の伊良湖岬神事

【愛知県】渥美半島の伊良湖岬神事

10日間の出張・神事を終えて、やっと北海道に戻りました。

6月19日に台風3号が直撃する愛知県渥美半島の伊良湖岬は、風速50mの風と雨が体を横殴りに打ち付ける中を進みましたが、ラジオで避難勧告が出た地域だと知り、誰もが笑うしかないほど自然界の猛威には何も出来ないことを体感しました。
しかし、今回の台風3号のルートは私たちが行う神事日程に合わせて全てのルートを事前に浄化するよう一気にスピードをあげたおかげで、翌日の静岡神事も、諏訪神事も無事に終えることができました。
今回の全ての神事は、7月24日の大地震啓示を回避する為に土地の人間ができることをする神事だからこそ、関西・東海・関東・甲信越に住む方達が共に力を合わせて自然神に向き合って神エネルギーのラインを繋ぐ神事を行いました。
自然界の神を繋ぐ神事は、古い時代から修験者たちも行っていますが、陰陽師の中でも高級神官と呼ばれる人達は、その力を使って土地や場の整いをしていました。
自然界の神々を動かすには、それ以上の次元意識と神力を持っていなければ動かせませんので、宇宙の摂理を理解している人間が宇宙意識を使いながら自然神のエネルギーラインを読み取り、壊れたラインを繋ぎ直す神事を各地で行いました。
自然界の生命循環を司る「龍」のエネルギーラインを本来の形に戻す意味は、龍のエネルギーをどう動かすかで、現実に起きる事柄を変える事ができるからです。
自然神を動かす簡単な力なら、雨を降らせる、風を起こす、雲を動かすなどが有名ですが、大きな繋がりのラインを知り、そこを守る守護神に許可が得れれば、土地や山やマグマの動きさえも動かす力が人間にあることも覚えておいて下さい。
ただし、一人でこの全てを動かすことはできません。
私の中では、神事の内容を全て皆さんに公開した時点で次の展開に進めると感じているからこそ、ひとつひとつの場所を守る神々の思いを伝えることで、皆さんの気持ちをひとつに繋ぎ合わせたいと思っています。
どうか、最後の最後まで、私たちの意思が数珠つなぎとなり、ひとつになることで、神々に通じる力があることを信じて下さい。
今回、写した写真の中に、「あなたたちの意識を数珠繋ぎにして祈りなさい」とメッセージを添えて魂が数珠つなぎに写った神の場所がありました。
白いオーブは、神の御姿ですが、それは、私たちの魂が数珠繋ぎになることを示していると思って下さい。
人間の意識の繋がりは魂の繋がりに繋がり、それが神と繋がる力になるからこそ、皆さんの意識を繋ぐ大切さを知って下さい。
少し、体を休めながら少しづつ神事のご報告をしていきますので、どうか、神々の意図だけはご理解下さって心を合わせる祈りにご参加下さい。

 

アーカイブ

Translate »