女性たちへ 大神様より

2012年2月に降りた神メッセージ「男神・女神、三神・五神」
言うはうわばみ、神のこと。言葉にするという事は、他人の想いを乗せる事にもなるんだよ。

※「うわばみ」のように周りの人を飲み込んで、自分の言いたいことだけを言う時ほど、周りの人が口にしない思いが心にのしかかるものだよ。
 

言いたいことを言うことでわかりあう事はあるが、その事だけではないバランスの取り方もわからねば、特に、この男神達にとっては困惑するであろう。
 

※男たちは、言いたいことだけを言い合うバランスのとり方が苦手です(^^;
その事については、正しく女達で理解を求め合う事も必要であろう。
※女性たち自身が、本当はどうしたら現実が良くできるかを本音で話し合うことが必要な時期なのだと想います。
行く末が、怪々奇々(女性の世界)の世界ならそれも良しだが、そうでもなく、(自分たちが生み出した)男気奉りの世界ならばこそ、どこも、その解き明かしの必要性を説いておるのじゃ。
 

※なぜ、この世に男を産み、神と祀りあげたのか、その本当の意味に女性たちが気づく時期なのだと思いますよ~
だからこそ、良き心を持つ者達が集まりながら、その事をサニワすれば並ぶ神の名も降りようぞ。ところで、お前達は何をしようとしておるのかわかっておるのか?
 

「うずくまりの神達」の事も知っておろうか?
※「うずくまりの神」とは、膝を抱えて泣いているあなたのインナーチャイルドの事です
それよりも、並ぶものの神達の事を解き明かすのか? ※「並ぶものの神」とは、祀られている神たちのことです

「うずくまりの神」が泣く理由が何故かを考えれば、人の心の中にあるものであればこそ、お前達がその心の中に入り、「うずくまりの神」を起こせば良いのだよ。
 

※神を起こし立てることより重要なことは、自らのインナーチャイルドを起こし立てることことなのですよ~
よく聞けよ、愚か者ほど、欲張りなのだぞ。愚か者ほど欲をかくからこそ、多くの神を集めたがるばかりに、ところどころ色々な場所の神場に行きたがるものなのだ。
「欲張りは損をする」という事がわからぬ者を愚か者だと言うておるのじゃ。神場に行くことが愚かなのではなく、その愚かな心で神場に行けば、愚かな神の心しか読み取れず、またそれ、迷いの心を大きくするだけなのだ。
だからこそ、「よそごろの神」のような心をわかれば良いのだが、誰もその事に気付かずに、みまう、目に見えるもののこと、また、聞こえて言ってくる者の声ばかりに気を取られてしまい、何も言わず、うつむいている神達の、また、その神を守る存在達の想いを理解しようとせずに手を合わせている。

 

「よそごろの神」とは、決して後ろを振り返らず、負を見ても、見ぬ振りをして前へ進む神 心・・・、女達が心を合わせるべきところはそこではなく、もっと下、もしくは後ろ、そして天、そして地、なればこそわかるものがあり、神の道を示すべき男がどこを向くべきかを諭すことも必要なのだぞ。
 

それが、男を立てるという事なのだぞ。
よくぞ、その知恵を学びたまえと、われわれは申しておるのだ。
だからこそ、共にその知恵を学び、心を学び、シェアしながら、そのひとつとなる為の事と、一志、心立てる形となし、その心の御蔭で立つ男達の愚かさをたたえながらも支えてあげなさい。
(男たちはみんなの為になることが)喜びなればこそ、身を立て、命をかけ、育む愛の為に死を覚悟する。

 

また天に、神に命を預ける神の者達や男達の事をわかれば、いつかはいなくなる者だからこそ、その想いの転換をどこへ向けるかも女達なのだぞ。
 

※男は女性が創造して産み出したものだからこそ、子供を産めずにいつかは死に往くだけですが、女性は永遠に愛を産み出すことができる「創造の神」なんですよ~
 

行く末を叶える者が導く者だけではなく、支える者達の心の和合がなければ、われわれの力は働かず、そして、支えられずとも言われている。
 

※未来を予測する人がすばらしいのではなく、今を頑張っている人を支える心の和合がなければ、神も力を貸せないんだよ~
「かくれた神」とも言われているし、「かくされた神」とも言われているが、その数は、皆三神、もしくは、五神と言われており、「イシャスカ」or「イスシャスカ」、その頃の神と同じだからこそ、そこまで遡らねば出てこないぞ。
 

※ひな祭りの三人官女・五人囃子が、女雛と男雛を下から支えている意味が大切なのですよ
その事がわかる者達が、どれ程いるかはわからぬが、その「イルカッシャ」or「イスカッシャ」の神がいた時代は、オリンポスの神よりももっと古く、宇宙の外からではなく、(地球の)中から生み出された神だからこそ、女達しか知らぬ。
 

その事がわかり、(神の)名前を読めば働くからこそ、隠してきた神の名ばかりだから、よく考えて、その神の名を起こす時を選び、ただ、その知恵を学び合いなさい。
「三神」 もしくは 「五神」 という意味は、前に三神、後ろに五神、三人官女、五人囃子(ばやし) という意味と同じかもな・・・よく考えて調べなさい。よろしくお願い致しまする。
吉岡の解釈)
このメッセージは今年2月に降りたものなので、2012年全体の意味を示すように、大きな流れで影に隠れた真実や思いを解き明かす神事が増えるだろと覚悟をしました。
「イシャスカ、イシヤスカ」という名前は、宇宙に昔あった星の名前ですが、その星は宇宙大戦争によって消滅した星だからこそ、地球創生記にイシャスカ星の民の魂は地球内部に宿り、人間として生まれ変わった魂と繋がり、地球を自らの星のように愛する仲間と手を取り合って、日本までやって来ました。
もう「鏡族」と呼ばれた巫女たちのように、強い神力によって、人の意識や物事を動かすことはないと思いますが、倭姫、大和姫、卑弥呼と呼ばれた神巫女の本当の意味を大神が明かしてくれたことに感謝しています。
九州の福岡県に祀られている「宗像三女神」も「鏡族」に深い関わりがありますが、日本中に「弁天」として祀られている女神のルーツを正す神事をする意味は、本来、女性たちが魂に持っている強い想いを実現する祈り力の封印を紐解く為だとご理解下さい。
女性が全ての命を生み出して創造し続けた地球の生命エネルギーは、母なる神の想いを乗り超えて、さらなる進化の時を迎えようとしている時期だからこそ、男たちを産んだ母の想いを乗り越えて、女性として、さらに大きな愛の光を創造し、自らの内側から発信する時期が来たことを告げてくれています。
本来、女性たちが行う「愛と感謝の祈り」は、地球そのものの共鳴祈りであり、さらに言えば、地球を育み続けている大神の思いに繋がる祈りだからこそ、心乱さず争わず、自らの人間的な思いをひとつにまとめることさえできれば、神と同格の神力が自らの中から必ず湧きでます。
身の周りに起きる出来事は、全て、大神の采配によるものだからこそ、起きた意味を悩むより、「自分のインナーチャイルドを救うこと」が、地球を救うことになると信じて下さい。
※インナーチャイルドとは、自分が過去に「置き去りにした幼い魂の自分」のことですが、他人に見せたくない知られたくない思いにきちんと向き合うことで、過去の思いの解消はすぐにできますので、自分自身と対話する時間を大切にして下さい。
この世は全て、「天も愛、地も愛」なのです。
言い換えると、「天国と感じる愛もあれば、地獄と感じる愛もある」と受け止めて、あなた自身が、「愛そのものになる」と決めれば良いだけなのです。
人と人が仲良くなると、互いの心に思う世界は、自分の思いが相手に写り、相手の思いが自分の心に写し出される「絶対相対の写し鏡」だからこそ、もし相手が自分だったらどんな思いで言ってくれたのか・・・、もし、二人を見守る神様だとしたら、今、どう思っているだろうか・・・と考えてみるのも大切な時間だと思います。
私達の魂に肉体が与えられた短い時間の中で、あなたに出会えたことを心から感謝しているからこそ、2013年を一緒に愛と感謝で溢れる時間にしたいからこそ、「全てを喜びに生きる」と決めて全てを大神に委ねましょう。共に、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました