新しい始まりのサイン

2013年のお盆も終わり、家族を見送った人たちの悲しみが癒えるための時の時の流れと同じように、御霊達もゆっくり天に昇っていますが、昨日(8/29)、札幌の夕暮れの東北の空に、大きな手を広げたようなエネルギー雲が現れました。
 


 

この雲は、天のお知らせとして何度も見ていますが、何かが「新しく始まる」ときのサインとして現れます。
 
2013年7月7日に淡路島に繋がった瀬織津姫エネルギーは、確実に、人々の意識を変革させていますが、心は常に変化するからこそ、新しい目標の設定をする時期だとお知らせします。
 
成りたい自分のイメージを明確にして、自分の歓びが、回りの人の喜びになるように設定できた人は、必ず、大きな流れが動きます。
 
個人の身の回りに起きる出来事さえ、「大きな意思の流れ」で起きていることを理解できれば、ゴールを決めることが、いかに、重要かを気付くことでしょう。
 
「大きな意思の流れ」とは、世の中を動かしているように見える権力や財力や情報力のことではなく、自然界に起きる全ての出来事を決める「大いなる意思」の意味ですが、その「大いなる意思」に私たち人間の意識も連動しているからこそ、自分のゴールを明確にすることがとても大切なのです。
 
生きている意味や幸せの価値観は、年齢や環境、経験することによって大きく変わると思っている人も多いと思いますが、実はそうではなく、自分だけでは決められない出来事の連続で経験する人生の意味は、自分が決めたゴールの設定に見合った出来事を引き寄せているために、全ての意味は自分の受け取り方次第なのです。
 
傷つかないように、人となるべく接しないように、失敗しないように生きようとすればするほど、魂は萎縮して感じる力や免疫力がマイナスに働くからこそ、精神や体調を壊す人が増えていますので、どうか、自分が喜ぶような新しいゴールの設定をこの時期に決めて下さい。
 
今年も残り四ヶ月ですが、1年後、3年度、10年後の自分をイメージできた人から、愛がさらに大きく動き出すことをお伝えします。
 
一緒にいてくれて、ありがとうございます。
一緒に歩んでくれて、ありがとうございます。
 
あなたと一緒に新しい未来を経験できることを私は歓びに感じています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です