1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【未来教育学】神仏心大学
  4. お金がない世界の学び

お金がない世界の学び

今日は、皆様に新しいご提案をしたいと思います。

あなたは、「お金がない世界の学び」は大切だと思いませんか?これは、お金がない世界を目指そうとしている意味ではありません。
 
一般的に「仕事」と言えば、「お金を稼ぐためにしている行為」だと思っている方が多いと思いますが、本来の「仕事」の意味は、お金を頂け無くてもある事に従事して働くことを意味する言葉ですので、人の為に働くのではなく、「事に従う」、「従って事をなす」という意味の言葉です。
 
お金が無いと生きていけないと思っている人たちにお伝えしたいことは、日本人は何度も、お金が無い時期を上手に乗り切る方法を学んでいる民族だということを思い出して欲しいからです。
 
戦争や大地震の体験をした人たちもそうですが、一番苦しい時期を乗り越える為に必要な力は、紙に書いた数字のお金より、人の思いやりや手助け、相互扶助の精神が日本にあったからこそ、何度、辛い経験をしても乗り越えてこれたのだと思います。
 
経済動向や株の動向、物価や給料の高い安いだけで人生の価値観を左右するほど愚かな国民ではないと思っていますが、今後、あらゆる自然災害や世界情勢の変化によって世界経済の破綻や会社を辞めなければいけない可能性があるとしたら、お金や人生の価値観より、今、身につけるべきことは生きる為に一番必要な「心の価値観」を学ぶことだと思います。
 
一昔前の芸能界、職人さん、商売人、美容院、床屋さんにあった「徒弟制度」は、賃金を一切、頂かないで朝から晩まで働く人たちがたくさんいましたが、マイナス面もある反面、身につけたことの多さは現代のアルバイトとは比べものにならないものがあります。
 
そこで培った事は、一生、生きる為に必要な知恵を得た人も多い事でしょう。
 
経営者の人たちも、広告費にお金を使ってやっと募集した人たちが、簡単にやめていくと嘆いている経営者も多いのですが、問題は、働く人が、仕事の目的をどう設定するかによって、仕事の意味がずいぶん変わるという点です。
 
世間体が悪いから何となく働いてみようとか、親がうるさいからとか、学校を卒業したからとか、目的も無くたいしてやりたくない仕事をしている人たちは、いくら高収入で有名な会社に勤めてもすぐに辞めてしまいます。
 
会社を辞めた人たちに理由を聞くと、「やりたい仕事ではなかった」という人が大多数ですが、反面、「やりたい仕事だったけど、回りの人たちとうまくやれなかった」という人たちも多くいます。
 
実際、仕事を辞めて家に引きこもっている若者が多い理由は、お金以上の仕事の意味や目的設定に対して、やる気や成果を実感するようなチャンスをもらえなかったからだと思います。
 
大きな会社になればなるほど新人教育にお金をかけますので、入社後3年以内にやめられると、大きな損害だと人事関係者たちは愚痴りますし、だからこそ、新しい事を始める時や自分の可能性を試したい時、また、今まで培って来た自分の力を発揮したいと思っている人たちには、とても有効な仕事を提案したいと思います。
 
本当の意味でお金に困っていない学生時代や退職時、夫に稼ぎがあり時間を持て余している奥様や、健康なのに生活保護を受けている人たちなどにもおススメです。
 
でも、本当のニーズは、人間が成長する為に必要な新しい価値観を学ぶ出会いと場所が無いのだと思いますので、新しい形で短期間、働くチャンスを使う側も、働く人も共にご検討下さい。
 
では、新しい仕事の形を提案します。
 
◎お金を頂かずに、自分のやりたいことをやってみる短期間の責任あるギブ&ギブ労働契約
 
「お金をもらわないで働くならボランティアも一緒でしょ!」と言う人がいると思いますが、日本人が思っているボランティアの意味は、「人の為になる行為、人の役に立つ行為」を意味しているからこそ、自分の成長のためではないことが一番の違いです。
「自分の成長のために働く」という目的がまず、第一に来るボランティアならいいかもしれませんが、使う側も、使われる側にも、一般的なボランティア活動で、甘えや遠慮が出てトラブルになる理由は、「自分のため」という積極的な意味で働いていない人たちが少ないからです。
 
あなたがやってみたいことだったり、自分の成長のためなら「タダでもいいので、仕事をさせてもらいたい!」と思っている人たちはたくさんいると思いますので、小さな会社や個人経営の人たちは、ぜひ、やる気のある人たちにチャンスをあげて欲しいと思います。
 
契約期間は、1ヶ月か、3ヶ月、この二つを選んで働いてもらうことをお勧めします。
 
人間の気持ちはどんどん変わるからこそ、もう少し続けたい時は、あと3ヶ月の延長契約をすることです。
 
この新しい労働条件の契約を「ギブ&ギブ労働契約」としましょう!
 
働く人は時間と労力を提供し、使う側も働く場とチャンスを与えますので、お互いに、Win &Winの結果になる新しい労働契約の形だと思います。
 
お金を稼ぐ仕事の歓びと、お金を稼がない仕事の歓びを共にバランス良く学ぶことができれば、定年後のやりがいや、若者達の心の勉強にもなり、きっと、「新しい時代」のグローバルスタンダードになるのではないかと思います。
 
だって人間は、本当に自分がやりたいことならお金を出してでも、その事を学ぶために通っている人たちがたくさんいますからね(^^)!
 
お金が無いから何もできないのではなく、チャンスが無いだけだと思いますので、お互いにWin&Winになる労働契約を結びましょう!

では最後に、私も「ギブ&ギブ労働契約で人を募集したいと思います!!!

アーカイブ

Translate »