1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【啓示・神事】地球創生神事
  4. 信じることの大切さ

信じることの大切さ

ここ10年ほど社会の大きな変化と言えばあらゆる分野で「女性の活躍」が目覚ましく、男性たちがルールを変えなければいけないほど活躍する女性達が増えていますが、一般女性が自分の素晴らしさを素直に表現できない理由は、女性たち自身が「過去に信じた思い」に囚われていることが原因ですので、今日は「信じる」というテーマを深く考察します。

◎「信じることについての考察」
誰もが産まれた時に親から教わったことを「神様のルール」のように信じて成長する過程で、疑いを持ったり、誰かに否定されたり、裏切られたと感じた瞬間から人間を信じられなくなり、誰にも本音を言えない「闇の心」を自らが作り出します。
※「闇の心」をわかりやすく言うと、自分しか信じられない究極の孤独の世界のことです。

「闇の心」を持つと、必ず、自分が信じる対象を求めるようなり、宗教に入ったり、スピリチュアルな世界に興味を持ったり、社会生活を否定してさすらいの一人旅に出かける人も多くいますが、異性に理想を求めた人たちはさらに深い闇にはまります。
自分さえ信じられなくなる「餓鬼の世界」まで落ちてしまうと、リストカットや無謀な飲酒、自虐的な暴力行動や自殺に走る人さえ出てきます。

「信じる」という思いは神仏や信仰の世界だけではなく、互いに支え合う友達や会社の同僚や恋愛相手や結婚相手や親や兄弟姉妹に対しても、疑いと信頼の葛藤の渦中で揺れながら生活している人がほとんどのはずです。
人間を信じられなくなった人ほど信じる対象を物やお金やペットにする人もいますが、結局、人間という動物は何かを「信じる対象物」が必要だという点だけは共通しています。

産まれた時に信じる力を与えられていたからこそ未来を信じて今まで成長してきたはずなのに、まだ誰かを信じることができないのなら、一日でも早く信じられない対象を赦して「信じられる自分」になる努力をして下さい。
人に裏切られたり挫折や苦労をした人ほど人の痛みとやさしをよく知っているはずですし、神は、愛を信じる人を全てを救うと言ってくれましたので、わかってくれないと主張するよりも相手を理解する心の枠を広げる努力をして下さい。

人間関係の裏切りに疲れて宗教の世界へ入る人もいますが、人間ではない存在を信じることで得られた学びは、もう一度、「信じる」ことを学んだはずです。
多くの物に囲まれるよりも、膨大な情報や知り合いがいることよりも、「信じる」思いが誰かに通じた歓びが魂を輝かせる理由は、人間の本能に信じるという共通の遺伝子があるからこそ、人類は希望の未来へ向かうのです。

医学界の最高の名医に余命宣告されても、まだ、生きている人たちはたくさんいますし、「治ります」と言われたあとにすぐ亡くなる方もいるように、医者は私達が「信じる」以上のものを与える存在ではないことも受け入れて下さい。
2014年以降の「愛のテーマ」は大きく進化しましたので、信じる遺伝子」を100%オンにして、もう一度、勇気を出して自分や他人や神を信じて自分の未来を歓びにする努力と創造を始めて下さい。

「人を信じる力」が弱まると心も体も精神も魂も病みますので、心が疲れた時は自分が信じた分だけパワーが与えられる宇宙や自然界や目に見えない存在に感謝を唱えながら自分のエネルギーを補充して下さい。
※愛を形成するシステムは以下の図のとおりですので日常の中で実践して下さい。

私がなぜ10年以上、神に向き合う仕事を続けているかというと、もともと神を信じていない人間だったからです。
人の心の奥底にある思いを感じてしまう体質だったために信じられない辛い思いが続いたからこそ、神とは何か?仏とは何か?善悪とは何か?を中学生の頃から探求しながら現実を必死に生きた結果、42才でたどり最終地点が、全宇宙の創造主と三度、向き合うことで気付かされた「無」の境地でした。

「無」はゼロであり全てですので、相対ではない一体の感覚のなかで自分に必要な悟りを自らが気づき体得しますが、対話の相手をどう呼ぼうとも、得るものは同じだと思います。
得られる結果は同じはずなので確認しますが、「自分が信じているものと、他人が信じているものとの違いを埋めるほど大きな存在が常に見守っているということに気付く」ことがまず第一であり、さらに言えば、自分だけに降りるメッセージなど一切ないということにも早く気付いて下さい。

私は神という概念をこう理解しています。

1、神はあなた自身であり、

2、あなたが信じる対象物であり、

3、あなたと他人を結ぶもっとも重要な存在である と。

もうひとつ大きな意味で捉えると地球という星も創造主の産物ですし、人間も創造物だからこそ、神の一部です。
では、神を信じない人は神ではないかと言えば、神なのです。
神は、信じても信じなくても存在していますが、信じた人はより強く信じる遺伝子が活性化しますので、自分の創造を超えるような不思議な体験をたくさん経験しますが、自分が信じたものしか信じない人は、自分の創造力に制限を加えていますので、現実で体験することも無意識に制限が加わえられた体験しかで経験できません。

できない、無理だ!と思う自分の思い込みの制限を外して、無限に、愛の創造力を働かせると、一時的に辛い過去も想い出しますが、私達人間は過去の辛い思いを乗り越えて愛に変える為に産まれているのですから、今の自分を支えてくれる誰かと一緒により多くの歓びを共感しながら「愛の和」を地球全体へ広げることが求められています。

世界中で最も多く生まれ変わりをした日本人の魂の神思想を支えているのは誰もが知っている「天照大神」ですが、「天照大神」の後ろに隠されている全ての思いを光の世界へ出す時期が来たからこそ、日本神話に隠された出雲の封印を解き、伊勢へ繋ぐ神事をすることになったと思っています。

過去に封印した力を永遠に固定させる為に人柱になった巫女たち魂を解き放ち、土地で亡くなった人たちの魂浄化をし続けている理由は、こういう御霊の影に隠れた思いを愛に変えて皆様にお知らせすることで、皆様の無意識に抑え付けられている魂の封印を解き放たれて、人に裏切られて信じることを恐れている人達の魂解放に連動するとわかったからです。

世界中の歴史を見ればわかるとおり、男達だけで物事を采配すると愚かな戦いを繰り返してしまいますので、愛に目覚めた女性達の力で男を支えながら、共に、「地球国家」の国民として新しい未来を創造する時代になったことを自覚して下さい。
国家を守る為に縦(精神・思想・神)を守る役目で産まれた男たちの目覚めと、全ての思いを横一線に整える強く大きな大地と同じ力を持って産まれている女性達の目覚めは、現実をしっかり生き抜く力と合わせて愛と調和の和を広げることが求められています。

たった一人、あなたが誰かを信じるだけで、その人の未来に光が灯ります。
だからこそ・・・自分がして欲しい事をしてあげて下さい。
この世に当然なんてものはないと気付いたら、毎日、誰かに感謝しましょう。
島国日本は少ない食べ物を分け合って生きる仲間ですので、共に助け合いが必要です。
どれほどお金を稼いでも一人が食べれる量は知れてますので、人より多く稼いだ人は、負けた人のおかげだと感謝してお金を有効に世の中に循環させましょう。

今日、生きているのは、神に許されているからです。
だから、毎日誰かにありがとうございますを伝えましょう。
いただきます!!!ごちそうさま!!!
おはようございます!!こんにちわ!!

命を頂くお礼を伝えて、励ましながら仲間を支え合いましょう!
あなたが思う以上に、与えられているものが多い事にも気付きましょう。
今日、目覚めた人は愛を叶えるため、愛を感じるため、全てを愛に変えるために目覚めた人です。
だからこそ、あなたは、今日の自分の歓びを信じるのです。

自分を愛して感謝していますか?
誰かを愛して感謝していますか?

私は、神と人とご先祖と地球を愛しています。
そう、あなたと同じです。
だから、一緒に生きていきましょう。
大人として、甘えすぎず、失礼のない生き方でお願いします。
 

<2014年からの私の生き方>

1、全ての巫女の魂の時間を止めた封印を解き、その償いをします 

2、出会う全ての女性達の魂の奥の傷を癒します 

3、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を目指します 

4、女性を立てるように生きてみます 
 

アーカイブ

Translate »