伊良部島 なべ底 コロナウイルス対応 神メッセージ

2020/10/28

伊良部なべ底
神メッセージ

やがて暫くすれば
この世にも平和が来るが
そのコロナウイルスだけが
悪いわけではなく
人間の学びを取るわけにはいかぬが、

しかし
死に至ることに対する恐怖が無くなれば
それほど人間は学ぶことはしないであろう。

だからこそ.死すべきものは死す。

しかし、死すべきもではないものに

死は与えないということも汲み取ってほしい。

我々が意図して何かをしているというわけではなく、
これは全てが、人間が自然破壊をしたことへの結果であり.
それをどう変えるのか?
変えていくのか?
自らが変わるのか?
そのことを気づかねば、限りなく続くテーマであろう。

しかしながら、コロナウイルスだけではなく
これからいくつも新型、新種のウイルスが、
同じように強力になってくれば
人間がその免疫に対応する能力の方が高いのか?
順応できずに、それを受け入れ死を迎えるのか?も
人間の大きな学びであり、

あくまで自然界のひとつの生き物、生物と言ってよいほど
の小さなミクロのものではあるが、

それも人間にあるものと同じ同調する意識が
その同調する意識に対してどう立ち向かうかは
それぞれの己の心次第と言っておこう。

お前には、自然の神に繋がる力を持っているからこそ伝えおくが、
すべてを制することもまた、すべてを誘うこともやってはいけない。

ただその意識にアクセスし、どう我々が導くか?気づくか?の
そのステップについては教えてもよかろう。

しかしながら、決して答えを教えてはならぬ。

ここまで人間がやってきたことを簡単に許す許さないの問題ではなく、
自らの病気と同じように地球自体をガンを蝕む様態にしたのも、

人間だからこそ、その学びをせねば変わらないと伝えおく。

優しきかなは
決して死が目的ではないという
ことである。

死すべきものは死すら、

生かされるべきものは
生かされると学んでおきたまえ。

そうでなければ、
いくら哀願されても我々も力はかせぬ。

それぞれの、
それぞれの魂がどう感じ、
どう学びとるか?
そしてどう希望を発するか?次第であると伝えおく。

どうかよろしく頼みます。

それも貴方の役目だからこそ、
この龍使いの地、伊良部の神々、人、
その心からの願いも含め、お前がどう動くかをよく考え、

神の思いに近づく人が増えるよう導きをしなさい。

それが役目だと準ずれば、
人の思いとかけ離れる時があるかもしれぬが、
必ずやそこに添わなければ、人自体が淘汰される。

だからこそ、早く気づいて欲しいと我々も願っておりまする。

どうかよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です