「魂の封印」を完全に解き放つ!!

天皇家の正しい歴史の真実を知ると、日本人のカルマは外れる!

◯真実を公開!

あなたは学校で習った「歴史」を本当に正しいと信じていますか?

世界の歴史も同様に、歴史で記録に残されたものは全て「勝者が書き換えた都合が良い結果だけ」であり、当時、どのような状況で戦いになったのかの事実は誰も知らされていません。

日本が大東亜戦争(第二次大戦)で負けたあと、世界の先進国が手を組み、いかにして日本人の精神性を破壊するかを考えた結果、「アメリカ包囲網」を現在も続けている事実を正しく知って欲しいと思います。

私は母から直接、聞いたのですが、戦争に負けたあとの学校教育は、

「今までお前たちに教えてきたことは、間違いだった。

日本が勝手に戦争を始めたのだから、世界に対して申し訳ないと思う。

だから今日から天皇様と皇后様の写真を教室に飾ることも禁じるし、日本国旗に手を合わせることも禁止する。」

と言われたそうです。

母が自分の父親にこのことを伝えると、祖父は黙ったまま、

「これから日本が変わるなあ。

俺たちが戦争へ行ったことも悪いことをしたと言われるだろうな!

お前も、覚悟しろよ!

政治というものは、そういうもんだ。

勝てば官軍、負ければ賊軍だ。

正しいことが世の中に広まることなんて、ほんとんどないのさ。」

としか言わず、ただ、涙ぐんでいたそうです。

歴史学者でさえ、過去の文献を読みあさり、多くの知識から導かれた推測で書物を作成して国の検閲を受けますが、戦後はアメリカにすべての教科書の表現を検閲され、軍国主義の要素がある部分は墨で消すようにと先生に言われ、日本史の教科書は真っ黒になったと母が教えてくれました。

今、皆さんが習っている教科書も真実ではなく、「世界標準」という言葉で誤魔化し、世界が喜ぶような表現だけを戦後76年間、学校で教え続けています。

あなたは自分の子供にこう聞かれたら、どう答えますか?

なぜ、日本という国家ができたのか?

なぜ、2000年前に天皇家という新しい血筋が日本に誕生したのか?

なぜ、天皇は「天照大神」を祀るの?

なぜ、出雲は伊勢に「国譲り」をしたの?

私たち日本人が世界で一番長い歴史を持つ民族となったの?

あなたは子供に聞かれて答えられますか?

20年間、日本全国を歩き、神社に祀られている神々と直接、対話し、真実の思いを聞き出した天無神人(アマミカムイ)が、体験の全てを「人神学(じんしんがく)」でお話しています。

京都で1000年以上続いた「平安京」が、どういう理由で長く続いたのか、真実を知ることで日本民族のルーツと、歴史に書かれていない神々の思いを知ることができますので、志ある人は「人神学(じんしんがく)」をオンライン講義で学んで下さい。

注)京都に祀られている神々でさえ知らなかった事実の思いを知って頂くために、あえて、京都市内で講演したため、強烈な神ガカリによりビデオカメラが何度も停止したり、音声が途切れ途切れになっていますことをご理解の上、ご視聴下さい。

▶️「人神学」の講義を試聴したい方は、こちらからお願いします。

人神学のテーマ時間
1.人神学 第一回 日本が天照大神を祀る理由1:58:31
2.人神学 第二回 「三種の神器」の本当の意味1:53:47
3.人神学 第三回 神を運んだ大巫女たち2:01:33
4.人神学 第四回 天皇家の血筋の意味2:02:11
5.人神学 第五回 五人の天皇に仕えた武内宿禰(たけのうちすくね)1:58:10
6.人神学 第六回 日本民族と天皇家の将来2.00.20

 

▶️テキスト・DVDのご購入はこちらからお願いします。

注)補足資料として、講義の内容をまとめた真実のテキストとDVDも併せてこちらからご注文下さい。DVDは残りわずかです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました