目覚めよ!ヴィーナスたち!負の無限ループから抜け出そう!」セミナー

やる気が出ない時の自分に向きあう方法

●母の教え・女性の目覚め

毎日の繰り返しの中で、どうしてもやる気が出ない時がありますよね!

そういう時の「コツ」を教えます。

まず、やらなければいけないと思っていることを横において下さい。

横においても、横においても次々にでてくる人は、永遠に、横に起き続けて下さい。

たくさん溜まり過ぎて、焦り出しそうになった時は、「あとでやるから!」と自分に言い聞かせて下さい。

そして、何もやらなければいけないことが出なくなった時、お風呂に入って、もう一度、自分に聞いて下さい。

「本当に、もうやらなければいけないことはないのか?大丈夫?」

・・・・・・・・・・

何度も自分に聞いても、何も出なくなった時こそ、「底を打ったタイミング」ですので、次に、こう自分に聞いて下さい。

「なあ、自分さんよ、お前は本当は何がしたいんだい?

何でもいいから言ってみろよ。

俺とお前の中じゃないか、遠慮なく言ってみろよ。」と聞くのです。

すぐに答えが出てこない時は、お風呂のお湯の中に頭を入れたままにして、思考できない状態にして下さい。

必ず、息が苦しくなって、ぷファ!と顔をお湯の上に出す時がきます。

その時、自分に言って下さい。

あー、私はまだ生きたいんだ・・・

そうか、わかったわかったよ(^^)

ただこれだけで、自分の心の中の葛藤は外れます。

その日は、そのままゆっくり寝て下さい。

すると、昨日までの夢が変わります。

こうやって「自分の本心に素直に向き合えた人」は、必ず、見る夢が変わるのです。

自分が変わったと思っても、見る夢が同じ人は、まだ、本当の意味で変わっていないと自覚して下さい。

生きたいと思った自分を認識したあとは、少しボーっと過ごして下さい。

すると、しなければいけないことじゃなくて、同じことでも「したいこと」に変わります。

 

自分がしたいことをするには、お金を稼ぐしかない・・・。

自分がしたい生き方をするには、自分が自由に動ける時間を作らないといけない・・・。

自分がしたい生き方をするには、親の言う通りに今は、生きないといけない。

自分がしたいことをするには、この相手と上手に付き合いながら、自分の足りない点を気づくしかない・・・。

そうなんです、心の奥底の自分の捉え方が変わると、目の前の問題も、将来の不安もどうでもよくて、今、自分が何をするべきかをわかるようになるのです。

だからこそ、お母さんや周りの大人たちにお願いがあります。

迷っている人や悩んでいる人に、答えを教えてはいけません。

教えて良いのは、「自分の体験談」だけでいいんです。

あるべき正解や、こうした方がいいなんて、無責任な言葉は絶対に言わないで下さい。

その言葉のせいで、子供たちは苦しんでいるのですから・・・。

どうか、よろしくお願いします。

ご案内)天無神人オンデマンドページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました