「魂の封印」を完全に解き放つ!!

もともと人間に、「思考」はなかった。

●スピリチュアル大学校

「人を問う心」・・・

今、自分は・・・?

裸で暮らせる温度まで、素直になってみる。

思考がない人間に「思考」をもらせたのが、支配者たち。

ただ感じる、ただ、受け入れる・・・。

幸せな部族の壊し方は、「平等」を教えることと、自分だけ「優位」にすること。

「裸族」にTシャツを与えた結果・・・誰もがそのTシャツを奪い合った。

化粧品、食べ物、そして、お金の「個人の欲望」を強くすることで支配できた。

つまり、「思考と我欲」のコントロールが、支配の始まり。

本能的に奪いあう動物と、本能的に分け与えあう動物がいる。

現実には無い「幸せの概念」や、「神の概念」を与えることで、支配できた。

ある幼稚園児が神様に聞いた・・・「人間はなぜ死ぬのか?」

死は、ただ受け入れるのみ。

そこに、「欲求」を強くするために、医療、薬、個人主義を導入した・・・。

本能欲は、「察知」する力。

人間支配が目的の宗教には、「聖地」がある。

メッカが聖地のキリスト教、イスラム教・・・。

ヒンドゥ教のインド・・・仏教のインド、釈迦・・・。

では、日本神道に「聖地」はあるか?

伊勢神宮は、「聖地」ではない。ただ、神様をおいた場所なだけ。

つまり、日本神道には、「聖地」はないからこそ、宗教支配はしていない。

返り咲きの「宗教支配」というものがある。

「ある」とするもの・・・「ない」とするもの。

「ある」と思うからこそ、苦しみ、「無い」と思うからこそ、手放せる。

つまり、「ある」と思わせることが、「支配」の始まりなのです。

「貧乏」を苦しみと思うか、「金持ち」を喜びと思うかが、支配するための思考の始まり。

唯一、支配できないものが、性欲、食欲、支配欲。

だから、「宗教」は、この三つを禁じることで「支配」することを考えた。

全てを許せば、全てを認めれば、「支配の呪縛」は外れる。

多くを持つものを羨む心と、嫉妬、執着させることで、庶民は支配下に入る。

「美」は他人との比較概念。

健康も、長生きも、「比較概念」で生まれた欲求・・・。

さらに、「何とかできる」と思わせる欲求を与え続けることで支配できる。

多くのものを持つ人生と、持たない人生を経験させる意味は、何か?

「比較」、これが「欲望」を作り出す重要な要素だから。

比べる、優位に立つ、相手に「勝つ心」は、誰かが欲求を与えた結果。

「戦争」は奪いあいの、極地。

奪って殺すことしか考えない人間だからこそ、「大巫女」たちは、日本に「理想の国」を作った。

定住、分かち合う、助け合う、施す、お布施。

「布施」とは「もらう者が愚か」だという意味だから、もらったら「恩返し」が定住文化の進化形態になった。

性に愛はあるか?性に善悪はあるか?

「性」だけは、支配できないからこそ、性欲をもっとも「悪いもの」にすり替えて、性欲がないものが、知的だと勝手なイメージを作り、「聖者」を作り上げた虚像崇拝が、宗教の原理。

この世は、「虚像のゲーム」。

では逆に、「実像のゲーム」を楽しみましょう。

「欲求を無くすコース」と、「欲求を満たすコース」、さあ、あなたはどちらを選ぶのか?

人間は、いづれ、全てを失うことを知っているのに、この「欲求支配」から抜け出せずにいる。

あなたは、まだ、この価値観を抜け出せない人間なのか?

あなたは、自分の子供にも、この価値観を教え続けるのか?

それは、親が子供を「支配」しているのと同じだ。

人間を創造した存在は、「欲求」は、与えなかったはず。

だから、「人間の細胞」は常に同じ形だし、同じ機能をしている。

「違い」を正しいことだと教えることで、人間はコントロールされている。

しかし、全てが「同じ」では、いけない。進化しないからだ。

コントロール、されていることに気づけるかどうか、今の自分の「欲求」の真意を見つめて欲しい。

自分の欲求を、子供たちに「洗脳」することも、やめて欲しい。

子供たちは、大人にできないことをするために生まれてきた天使。

天使を「悪魔」にした親たちは、その罪を問われることになるだろう。

親を「悪魔」だと思っている子供も、同罪だ。

全ては創造主の「創造物」だからこそ、同じものを持っているのに、違いがあるのは「教育」の違いだけなのだ。

だから、人間は死ぬまで学び続けるようにできているのだ。

学び続けることをやめた時、人は、「ボケ」て死の「準備期間」に入る。

周りにたくさん迷惑をかけてまで生きる意味は、何なのか?

それは創造主の設定ではなく、「人間の欲求」の結果なのだ。

さあ、「新しい価値観」へ移行しよう。

「死」を受け入れられる新しい生き方こそ、「生」を尊ぶ聖なる生き方なのだ。

🔵講義日程:9/25、10/23、11/13、12/18、1/15

🔵講義時間:13:00 〜16:00(途中休憩あり)

🟠↓↓このセミナーのお申し込み価格は二種類あります↓↓

🔵最初に「地球創生SNS会員」に登録して、「会員特別価格 1講義11,000円」で参加する人の登録の流れ

①地球創生SNS会員の「年会費」をお支払い下さい

②会員特別価格1講義11,000円でセミナーを申し込み下さい

🔴会員登録せずに、一般価格 1回 33,000円で申し込みを希望する人は、こちらからお申し込み下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました