1. HOME
  2. ブログ
  3. ・2016年〜真実を学べる「神仏心大学」
  4. 薬を使わない自然死ホスピス

薬を使わない自然死ホスピス

人間は、なぜ死ぬことをわかっているのに、生まれてきたのか?

このことを「説く人」のことを、人は嫌います。

その理由は、人は自分の死を考えたくないからです。

「自分の死」をずっと先に置き、「親の死」を考えたくない子供達。

さらに遠くに置いているのは、「子供の死」。

子供たちには、永遠に生きて欲しいからです。

日本人は最も死に対して素晴らしい教育をしてきた民族なのです。

「生きる方法」を教える前に、教えるべき重要なことが、いくつかあります

●現実の問題の捉え方と対処法

●自分の魂を輝かせる生き方や考え方

●そして、「悟りの境地」に至る心の捉え方です。

あなたは、そのことを知っているでしょうか?

誰かに聞かれて、答えられるでしょうか?

これは日本人にとって最も大事なことだし、自分一人では気づけないことなのです。

人生を先に生きている先輩たちを「尊い存在」と教え、敬う心を教えたものなのです。

でも、年を食えば、みな、賢くなるのでしょうか?

50代は、どんな人も賢いのでしょうか?

40代だから、不完全でもいいのでしょうか?

30代は、自分に嘘を言っても良い年頃なのでしょうか?

20代は、自分だけの価値観だけで生きていい時期なのでしょうか?

10代に誰が、「生かされている意味」を教えるのでしょうか?

生まれた意味、死ぬ意味を教えられなければ、人間は成長できないものなのです!

まだ、そのことを学んでいない大人たちは、どうか、今からそのことを考えて、自分の死と、親の死と、子供の死と、他人の死の意味を同じにして欲しいと願います。

死ぬまでの時間を考えることを「死生観」と言います。

あなたは、自分の「死生観」を持っているでしょうか?

あなたの死生観を周りの人は、理解しているでしょうか?

死は、一人では決められないからこそ、親子の「心の教育」が重要なのです。

生きる教育をすることよりも大事なことは、「死の教育」をすることなのです。

「死」を喜びにできる大人たちを一人でも増やし、新しい「死生観」で生きる道を見つけたいのです。

地球創生の活動目的は、そのことを考える大人たちの集まりの場なのです。

一方的ではない、「他人を支える心」を持つ人間だけが、「次の時代」に生き残れると思っています。

それが、創造主の「設定」だからです。

だから、私は「薬を使わない自然死ホスピス」を実現したいのです。

神々の思いを実現したい人たちが、まず、学ぶべきことは、共通の考え方や、共通の価値観を学ぶことから始まるのです。

 

アーカイブ