「魂の封印」を完全に解き放つ!!

Xデー 2023年11月11日

◯人類の生存期限

<2022年10月17日の夢知らせ>

この日を境に、支配者層の人達の全ての情報は、全員に知れ渡り、最低ランクの人たちにも同じように、「全ての支配者」が誰かわかります。

同時に、「公務員」は支配者層の言いなりなので、同じ責任が課せられます。

AIの世界で人間の曖昧さを加味した計算方式の「ニューロファジー」のあいまいさが、無くなります。

それはつまり、「最終ジャッチ」をコンピュータがし始めるという意味です。

人間の脳も同様に、判断する情報が大量に流れ込むため、処理できずに自殺する人と、周りの人を無差別に殺す人が増えます。

自分の曖昧さを許していた「ファジーバリア」が無くなるため、「あいまいな判断」で生きることができなくなり、すべて思ったことの「思考の責任」を人間は取らなければいけなくなります。

それはつまり、人間が地球をどうするのかの「最終判断」と同じです。

「見て見ぬふり」をすることや、自分に嘘をつくことができなくなるため、思考は混乱し、「嘘」で作ってきた人間関係の多くが壊れます。

これは人間の意識の破壊が目的ではなく、「真実」に人間が目覚めるためのスイッチとして、生まれる前から誰もが持っているものなのです。

21世紀に生き残っている人間と動植物たちが、どうやって今後の21世紀を生き抜くのかを全員に考えてもらうために、生まれる前に神々が設定したものなのです。

自動的に始動するため、突然、自分の感覚が変わり、物事や情報の判断基準が変わります。

すべてのことが自分に「嘘をつけない自分」になるため、正直者以外は、常に、嘘と真実の混乱の渦の中に埋もれて苦しむことになるでしょう。

さあ、「2023年11月11日の審判の時」まで、<本気の1年>が始まりました。

政治・経済・権力の「真実の実態」と、「性を喜び」にできなくした支配者たちの計画の実態を全てを「タントラセミナー」でお話しますので、どうぞ、ご期待下さい。

自分に嘘をつきながら、世の中の嘘を信じている人たちは、どうぞ、「今のまま」お過ごし下さい。

私が問わなくても、神や先祖がきっと、あなたを解い続ける出来事が起きることになるでしょう。

場所:13:00-16:00 オンライン講座&新宿オアシスハウス

👉一般お申し込みはこちらです。

👉地球創生SNS会員はこちらです。

スポンサーリンク
◯人類の生存期限
【地球創生】天無神人の活動|地球と人間の存在理由 SaveLoveEarth

コメント

タイトルとURLをコピーしました