「魂の封印」を完全に解き放つ!!

島根県に「大巫女宇宙神軸」が立ち上がりました! 

◯啓示・祈り・神事

2022年から始まった「大巫女宇宙神軸神事」は、日本列島を自分達の意識と、創造主マスターの意識と、地球の核をつなぐ本気の神事です。

これからいろんな天変地異も起きますし、世界は混乱の渦の中に入るので、日本人同士が協力し合って、未来の希望となるための「意識の柱」を日本中の地球創生の仲間たちと立てています。

沖縄と北海道は完了しましたので、今、動いているのは、中部の人たちと、関東の人たちです。

どこにゴールがあるかはわかりませんが、今、やるべきことをやっておかないと、2023年は、大変な年になると感じている人たちが、一緒に頑張ってくれています。

2022年の11月11日の祈りが、島根県の出雲で行う流れになったのも、地球創生にいる仲間の女性の導きでした。

●11月10日

関東、愛知、北海道から3名の女性がやってきて、一緒に祈りをしました。羽田空港を飛び立つと、富士山がキレイに見えて、応援してくれているのがわかりました。

地元の女性は、まず、猿田彦を祀る古い神社に連れて行かれましたが、そこは私が10年前に来た場所でした。

出雲の歴史は、5段階に深く改ざんされているので、2023年に書籍を出版することを10年ぶりに思い出し、改めて決断しました。

目的の場所は「田和山遺跡」ですので、夕暮れに見にいきました。

●翌朝、11月11日

地元の女性の案内で「茶臼山」に登り、古い時代から祈りをしていた場所で神と対話しました。

 

午後はいろんな人に会いましたが、夜の懇親会でお会いした眞名井神社(まないじんじゃ)の宮司と食事したのが、とても素敵になりました。

●11月12日の朝、速秋津比賣神(はやあきつひめのかみ)を祀る「売布神社(めふじんじゃ)」にご挨拶に行き、宮司の奥様と神様の対話をしました。

「総社」の吉岡宮司にお会いできたのも、嬉しい時間でした。

●大巫女たちがいたとされる「田和山遺跡」を守る人たちの活動によって守られていますが、真実を伝え残すものがありません。

だからこそ、ここで「大巫女宇宙神軸」を立てる必要を感じ、仲間たちと立てました。

1年ぶりに、出雲に急に行った意味が、「真実の出雲の歴史を世の中に伝えて下さい!」と大巫女たちが私を呼んだこともあとでわかり、10年前の約束を果たす決意をしました。

日本の歴史をひっくり返すことになる書籍になると思いますが、世の中に出すことを望む理由は、女性たちの目覚めに大きな影響があるからです。

地球を愛する人たちは、どうぞ、地球創生SNSにご参加下さい。

🟡地球創生SNS会員 ご登録方法

1、こちらから年会費をお支払い下さい。

2、こちらから「メンバー登録」をクリックして下さい。

※ご登録後、1週間以内に笑顔の顔写真をアップロードし、プロフィールをご記入て下さい。1週間後、登録不備の場合は登録削除させて頂きます。地球創生SNSに登録後は、いかなる場合でも返金は応じられません。

 

スポンサーリンク
◯啓示・祈り・神事
【地球創生】天無神人の活動|地球と人間の存在理由 SaveLoveEarth

コメント

タイトルとURLをコピーしました