1. HOME
  2. ブログ
  3. 1982年〜ダイエー労働組合・ゼンセン同盟・民社党・政治家・首相専用裏番頭
  4. 【労働組合】はじめ組の組長の出会い 2

【労働組合】はじめ組の組長の出会い 2

1ヶ月後、楽しみにして、「はじめ組」のスナックに行ってみました。

あの「小太りバカ女」は、今日は出勤していないのか、いつもの女の子しかいないし、新人みたいに「見たこともない女の子」の顔が見えました。

あのあと、店の従業員が努力して売り上げが上がり、新しい女の子を入れたのかと勝手に思い、あの子は実家に帰ったのか、船で本州へ行ったのかを考えていました。

そこに一人の女の子が、満面の笑みでやってきました。

よ!し!お!か!さーん!

いらっしゃいまっせー!

なんだよ、誰だよ?お前?

 

何で「初めての客」の名前を呼ぶんだよ!

 

こういう店に来る客は、自分の素性がバレるのを恐れる人もいるので、本名と会社の名前は口にしてはいけないと、ママさんに教わらなかったのか?

 

おい!ママさん、新人教育をもっときちんとしてよ!

 

俺が恥をかくので、頼みまーす!

なあに、どういうこと???

私のこと、わからないの???

 

ガッカリだなあ、喜んでもらえると思ったのに・・・。

 

ちなみに私、ススキノには10年いますので、ベテランなんですよ!

おい!おい!おい!

ススキノに10年いて、それかよ!

 

お前、バカか!!!

もっと、人を見て、所作を学べよ!

 

「他人(ひと)の振り見て、我が振り直せ!」って、言葉を知らんのか!!!

 

馴れ馴れしい女は、俺は大嫌いだから、お前、下がってろ!さあ、下がれ!!!

ショボンとして、厨房に戻った女の子の「次の子」を楽しみにしていると、ママさんがやってきました。

吉岡さん、わかりませんでしたか?

 

あれは、あの娘ですよ!

 

ほら、吉岡さんにガッチリ怒られた「あの娘」!

 

彼女、頑張ったんだから、褒めてあげて下さいね。

うっそだあ、ママさん、それは嘘でしょ!

 

あんな「ブスチビ女」が、あんな可愛い子に化けるわけないでしょ!

 

あれは、どう見ても別人ですよ!

 

もう、そうやって僕を騙そうとしているんですね!

 

まあ、「最初のゲーム」としては楽しいけど、次は、あの可愛い娘を呼んで下さい。

 

今日は、あの娘とゆっくり飲みたいのでお願いします!

二人目の可愛い女の子がやってきて、横に座り、ボトルを開けてグラスをついでくれました。

あのう、私の「ヘルプ」をもう一人、呼んでもいいですか?

 

彼女の勉強のために、横に座らせてあげて下さい。

 

今、あの子は頑張っているので、お勉強させてあげたいんです。

 

彼女の飲み代は、私が持ちますので気にしないで下さい。よろしいでしょうか?横に呼んでも・・・。

もうこんなにスムーズな会話で話されると、YESとしか言えないでしょ。

 

いいよ、呼んで横に座らせてあげて!

ヘルプお願いしまーす!〇〇さん、ご指名です!

自分のグラスと、新しい氷と水を持ってやってきたのは、最初にやってきた女の子でした。

あれ?お前、さっき、会っただろう。

 

もう「最初のゲーム」は終わったのに、また「次のゲーム」をするのか?

 

俺、「仕事に不慣れな人間」は嫌いなんだよなあ・・・。

 

客から高い金を取ってよう、それで仕事が不慣れなら、うちの店の従業員の女の子にお酌してもらったほうが、ずっと楽しいぜ!

 

会話ひとつ、所作ひとつ、服装ひとつ、メークひとつ、そして、スカートの丈も、「お前たちの仕事」だろ!

 

俺は、そういう「プロの仕事」をしている人間には気持ちよく金を払うけど、相手の気持ちを汲み取れない人間は、大嫌いなんだ!

 

「二度目のチャンス」でやってきたのなら、きちんと自分の名前を名乗ってから、さっきのことを謝って、横に座りなさい!

 

そんなオドオドしていたら、ちゃんとした仕事もできないだろ!

 

もっと、背筋を伸ばして気を立てて、「本気の女」を見せてみろ!

 

そうすれば、どんなブスでも少しは綺麗に見えるし、あとは、言葉使いだなあ・・・。

 

できるか、おい!10年選手の新人さん!!

 

彼女は、お盆に乗せた氷と水とグラスの手が震え出して、堪えていた感情が溢れ出しました。

隣に座っていた「NO1」の女の子が、サッと、彼女のお盆を支え降ろして、こう言いました。

〇〇ちゃん、正直に言いなさい。

 

まだ、吉岡さん、気づいてないから・・・。

全身が震えてるし、オシッコをちびりそうな感じに見えたので、漏らしたら困るので、手を下から当てようとすると・・・、

吉岡さん!わかんないんですか!!

 

私です!あの、船に乗せるか乗せないかを決める対象の女ですよ!思い出しましたか?

いやあ、だから、今日はその「判定」に来たのに、あの子がいないので、田舎に返って豚を飼っているのか、本州に「船」で送られたのかと思っていたんだが、お前、新人のくせに、なんでそんなことを知っているんだ?

 

人の命がかかっている問題なのに、おかしいだろ!

 

ママが教えたのか?

じゃあ、俺がママに怒っておくわ!

 

俺はあの子の人生を決める役目だから、今日は、「線香」とお祝いの「お土産」を買って来て、「結果」を見てから渡すものを決めとうと思っていたんだ。

 

だからよ、もう、お前はいいから、あの子を呼んできてくれないか?

 

それとも、もう、「船」で送られて、いないのか?

吉岡さん!私ですって!!!

 

わかって下さい!!!!

 

こんなに変わった自分にも驚きましたが、人間、努力すればできないことはないとわかりました!

 

今日来るのか、明日来るのか、わからなかったし、抜き打ちでくるかもしれないと思って、休みを取らず、毎日、出勤していたんですよ!

 

やっと、あなたに会えたので、お礼を言いたいのに、最初っから怒られてばかりなので、私、自信を無くしそうです。

 

やっと、「船の期限」が伸びたのに、また、太ちゃいそうです。

 

だから、お願いだから私を褒めて下さい!

 

私、あなたに褒められたくて、その言葉だけを聞きたくて、ここまで毎日、頑張って来たんです。

 

もし、一時的にでも痩せて、あなたに合格点が出たら、私、自分の意思で「船」に乗ろうと思っていたんです。

 

だって、人様に気を使えないのは今も同じだし、だから、自分のプライドを折るために、ママさんに頼んで、私を「新人扱い」にしてもらったんです。

 

お給料も最低でいいし、どんな汚い仕事もやりますとお願いして、今も、ここに居させてもらっています。

 

まだまだ、私が足りないことは、先ほどの言葉でわかりましたが、もし、吉岡さんお許しが出るなら、私、もう少し、ここで生きたいんです!

 

私もここまでの人生で、楽しみなんて一度もなかったけど、あなたに会えて、褒めてもらうために頑張ることで、自分に自信がついて来ました。

 

本気で怒って下さって、ありがとうございます!!

 

冷たい氷水を全身にぶっかけてくれて、ありがとうございます。あのおかげで頭が冷えました。

 

だから、全てのことを「1から始めよう」と決断できたんです。

 

そうしたら、ススキノ中のママさんたちが、私のことを応援してくれて、アメリカのすごい痩せる薬とか、食事の仕方とか、お風呂の入り方も教えてくれたんです。

 

毎日、朝昼晩、お風呂でお肉をマッサージしたら、どんどん絞れたし、ストレッチと体操をしていると、どんどんウエストも締まって来たんです。

 

あとは、「あそこ」がどんな具合かわからないので、あとでチェックして下さい。

 

私まだ新人なので、自分の体で稼ぐことはできないので、チェック、お願いします!!!

お前、よう喋るなあ・・・。

 

よくそれだけ長い話を一気に話せるな、関心関心!!

褒めるところは、そこじゃないと思うんですけど、まだ、私のどこか足りませんか?

 

どうすればいいのか教えて下さい!!

 

もう、私、精一杯、やって来たので、ぶっ倒れそうなんです!朝から何も食べてないし・・・。

そう言うと、彼女がふらついたので、僕の膝の上に横にならせて、毛布をかけて寝させました。

相当、疲れているのは、背中を触ればわかるし、深い眠りについて安心して寝ていました。

きっと、この子の目が覚めたらお腹が空くだろうと思うので、従業員、全員分のラーメンとお寿司をご馳走するお金を置いて、ママにあとは頼んで、自分はそのまま帰りました。

・・・・・・・・・・・・・

あの子の努力が「並大抵」でないことは結果でわかりましたが、それ以上に、周りの人を巻き込むほど、本気になったからこそ、ススキノのママさんたちが応戦してくれたのだと思います。

あれだけ競争が厳しくて、「女の子の奪い合い」をしているママさん同士が助けてくれるなんて、ススキノ最高のドラマです。

「困った人を支える気持ち」があるススキノも、まだまだ、捨てたもんじゃないと思いました。

いい時間を体験させてもらいました。

人生は、何が正解で、何が間違っているかなんて、本当は無いと思います。

その時その時、必死に生きて、誰か一人に褒めてもらえれば、それで十分だと思います。

もし、今の人生が苦しいと思っている人がいるのなら、この話を読ませてあげて下さい。

30歳で、命を失うか、綺麗になるかを本気で取り組んだ女の子の人生の1ページでした。

ご清聴、ありがとうございます。

 

アーカイブ