1. HOME
  2. ブログ
  3. 2000年〜スピリチュアル・精神世界・宗教
  4. これからどう生きるか、悩んで弘前(ひろさき)へ

これからどう生きるか、悩んで弘前(ひろさき)へ

37歳でやりがいのあったダ◯エーという会社を辞めることになり、amwayという自営業をスタートして、一応、最短コースで成功ラインに乗りましたが、「お金儲け」に人生を捧げることに喜びを感じない時に、「地球を救いなさい」と声が聞こえてから、寝れない、食べられない、動けない三拍子揃った「3年修行」のあとに、解脱しました。

2001年1月10日の解脱体験をしたあと、それまで経験した全ての過去の記憶が消えてしまい、これからどうするか悩んでいると、知り合いの女性が「青森県弘前市に、天使さんがいるので一緒に行きませんか?」と誘われました。

解脱の合図として「左足の甲の骨」を骨折したので、松葉杖を付きながら、妻と知人の3人で私が車を運転して、函館港から船に車を乗せて弘前市まで運転して行きました。

紹介された「天使さん」と呼ばれる女性は、会った瞬間、「この人は人間なのか?」と思えるほど波動が高くて、食べ物を食べてもどんどん痩せていくし、体の比重が軽すぎて自動ドアが開かず、マンションの廊下を走っても音がしないくらい、「魂が半分、体から抜けている」可愛らしい32歳の看護師の女性でした。

「このままでは、この子は死ぬ!」

とわかったので、一日中、彼女がして欲しいことを全てやり切った最後に、2人で人生を生きる意味をとことんか話し合いました。

創造主マスターが作った人間の存在意味を悩み苦しんだのは同じですが、彼女は看護師だったので、自分で死ぬことは考えたことはないと言いました。

他人の為に生きることは喜びだけど、自分の喜びは何かわからないと言いました。

私は死にたくても、死ねない人間だと言うと、「辛かったでしょうね」と一言、言いながら、ポロポロと大きな目から涙を流してくれました。

彼女も人の過去が見える人でした。

ずっと、子供の頃からの私の思いを感じてしまい、大きな声で泣くほど官能したので、抱きしめて、二人でベランダへ出ました。

「もういいよ、僕の為に泣くことはしなくていいから、自分の喜びを考えて生きなさい」と言うと、今までそんなことは考えたことは無いと言いました。

これまでの彼女の人生の過去を見ると、私と同じように、未来がわかるので、周りの大人たちに、「それは辞めて、こうしたほうがいいよ」と言い続けると、親が彼女を家に閉じ込めて、人に会わせてもらえない子供時代だと分かりました。

家にいて時間があるので、人の為になる看護師の本を買ってもらい、辞書を引きながら自分一人で看護師試験を受けて合格したので、18歳で弘前市に来て看護師学校に入って、そのまま看護師になったそうです。

この薬は飲まないほうがいいですよとか、自分で作った食べ物を食べさせてあげたので、病院には居られなくなり、介護の仕事に就きましたが、あまりに患者の為に尽くすので、そこも首になり、「訪問看護師」になりました。

神様のメッセージも全て聞きましたが、最近、神様に言われたことは「りんごを救いなさい」でした。

意味が分からず、りんごの木に一本づつ聞いて回ると、「農薬の回数が増え過ぎて、りんごさんが苦しい」と聞こえたそうです。

最後に私に彼女が聞いたことは、

自分の魂は、今世で終われますか?

と私に聞きました。

私はあまりにその繊細な言葉の波動に涙しながら、「魂の大元マスター」に聞いてみると

「今世次第です」と言われました。

そうですか・・・

と寂しそうに話す彼女も、「地球を救いなさい」と言われた一人でした。

・・・・・・・・・・・

そんな体験を思い出した2022年11月に、久しぶりに弘前市に行くと、自分が過去、忘れていた大事な記憶をどんどん思い出し始めました。

解脱するまでの42年間、どれくらい自分が辛かったのか、その「自分の辛さ」を周りに知られたくないあまりに、多くの人を傷つけていた自分を思い出し、涙が止まらなくなりました。

「自分は何のために生まれてきたのだろう?」と悩み続けた42年間の過去の記憶を全て消し去って今日まで生きてきたのに、また今、過去の記憶が「フラッシュバックする理由」を考えました。

すると、ふと、こんな言葉が思い浮かびました。

・・・・・・・・・・

時にありて、時になし。

風にありて、風になし。

思いにありて、思いになし。

ならば、その思いはどこからくるものなのか?

 

人間一生、はかなきかな。

ならば、自分の力で喜びにせよ!

・・・・・・・・・・・・

20年前に、守護存在に言われた言葉でした。

・・・・・・・・・・・・

そして、中学生の荒れていた頃、「父の立場」になって考えると、「俺みたいな子供を育てるのは大変だろうな」と思った瞬間、赤ちゃんの時に、父と対話した言葉を思い出しました。

お前が生まれた意味は、「俺を制する」ためだったんだな。

 

だから、わかったよ。

 

もう、これからは一生、誰も殺めないし、必ず、人を助けることをすると、ご先祖と神様に誓ったから、死ぬまで見守っていてくれな・・・。

・・・・・・・・・・・

兄には「長男」として厳しく接していた父でさえ、私に言葉を話す時は、必ず、一呼吸、置いてからゆっくりと話し、自分の感情を抑えるのが、やっとだったことも思い出しました。

本当に辛い小学生の頃、父にこう言い放った自分も思い出しました。

父さん、僕を殺して!!!

こんな嘘つきな大人の世の中は、生きられないよ!!!

 

父は、目からボロボロ涙を流しながら、こう言いました。

 

すまん、すまん、全部、俺たち大人が悪いんだな・・・。

すまん、すぐに大人たちは変わらんけど、変わるように努力するから、もう少し、生きててくれな。

俺は、お前を殺せないんだ・・・。

もし、お前が先に死んだら、俺も、俺の家族も、親族も誰も生きていけなくなると思うんだ・・・。

 

だから、頼むから俺が死ぬまで生きててくれな!

どんな生き方をしてもいいけど、絶対に、俺より先に死ぬなよ!

な!頼むぞ!!

・・・・・・・・・

母もうしろで、私の言葉を聞いていたようで、目から大粒の涙を流しながら、こう言いました。

あんたは、今すぐにでも、家を出たいんでしょ?

でもね、まだ小学生だから、もう少し我慢しなさい。

中学生になったら、どこへ行ってもいいし、どこで死んでもいいから、それまでは、真剣に生きなさい!

もし、お前が女だったら、結婚は3食昼寝付きの「監獄」さ。

でも、男に生まれたのだから、死ぬまで働くしかないんだよ!

それまでは、辛抱しなさい!

もう少し大きくなって、女を犯りたくなったら、若い女を犯してから殺しなさい!

そして、山に埋めればわからんから・・・。

 

???????????????

この時、母が言ってくれた言葉の意味はわかりませんでしたが、

「お前が何をやっても、他人に迷惑をかけても、私はあんたを守るからね!」

という意味だと中学生になってからわかりました。

・・・・・・・・・・

2022年11月、青森県弘前市から戻って、母に電話して、

「僕みたいな子供を育てるのは大変だったでしょ!?」と電話で聞いてみると・・・

 

あの時代は、全てが苦しかったので、ただ、必死に、生きていただけさ・・・。

だから、お前も苦しかったかもしれないけど、私も父さんも、必死に生きるしかなかった時代なだけさ・・・。

すまんかったね、きっと、私が足りないんだね・・・。

まだ、生きてて、すまないねえ・・・。

なかなか、お迎えがこないので、私も生きるのが大変なのさ・・・。

自分一人で死ぬことも許されないし・・・。

いつ、お迎えが来ていいのにね・・・。(涙)

・・・・・・・・・・・・・・

2023年1月30日で「満90歳」を迎えた母に、こんな言葉を言わせたことに反省しました。

 

生きる意味と、死ぬ意味を、もう一度、考える時間になりました。

母よ、まだ、生きててくれて、本当にありがとうございます。

大切な気づきを与えてくれた弘前市の皆さん、本当に、ありがとうございます!

 

アーカイブ

Translate »