1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【世界】吉岡一門・天皇家・先住民
  4. 2023年12月1日の祈りで降りた神言葉

2023年12月1日の祈りで降りた神言葉

時に始まりにおいて、2023年12月1日の神の祈りを伝えます。

 

山のように雪が降り、海のように荒れ狂い、大地のように揺れ続ける天災地災が起きた場合、人はいつも戯れ、迷い、泣き喚き、苦しむものでございます。

 

しかしながら、誰かがその先の導きをせねばなりません。

 

国の指導者なのか、地域の皆が協力して導くのか、年はもいかぬ子供や年寄りが、弱き者を助け、導くものが誰なのか?

 

それを誰が決めるものなのでしょうね?

 

いつ何時、何が起きても、自分は大丈夫と言える人は、どれだけいるのでしょうか?

 

自分は大丈夫、しかしながら、自分が守りたい人を一人も救えず、そあとのことも考えていない人が多過ぎまする。

 

天災地災は、常に定期的に起きるもの。

 

ならば、その後の対策をどうするかが「人間の知恵」というものでございましょう。

 

何度、起きても学ばぬ愚かな人間は、住んではいけぬところに住み、してはいけない事をしております。

 

山の木を切り過ぎれば、土砂崩れが起き、大きな津波で山が削られます。

 

「木」は本来、山に生えていますが、大地の根をしっかり掴み、大地と繋がり、山が崩れぬよう根を張るもの。

 

なのに、その「木」を切れば、自業自得という事が起きまする。

 

海に置いても同じでございます。

海の岩礁の下には、必ず凹凸がたくさんあって、そこで波を納め、静かな波にする力があるはずなのに、そこに余計なものを埋めて、土地を広げて真っ平にすれば、それは津波が加速し、早くなるに決まっているではないでしょうか!

 

自然界に、急な角度のものはございません。

 

緩やかな傾斜において、上から落ちるもののスピードを緩めたり、下から巻き上げる力を納めるのも、あの緩やかな山の傾斜、そして日本列島の周りの傾斜と同じでございます。

 

太平洋側にある深い海溝は、「地獄の底」まで繋がっておりまする。

 

何故かといえば、日本列島は「地獄の下」から盛り上がった島でございます。

 

それも三つのプレートが合わさり、強き力が何度も捻じ曲がって出来上がった島だからこそ、中国大陸から切り離された土砂が、埋もれて埋もれてそれが盛り上がり、一つの日本列島となっておりまするが、尾根に繋がるは「全て龍体」。

 

北を頭とするもの、それは「オスの龍」

沖縄を頭とすれば、それは「メスの龍」

 

しかしながら、「オスの龍の力」には敵いません。

 

 

オスの知恵がこの日本列島を導く!

 

それが「北海道に生まれた人間の役目」だからこそ、あなたは、やはり、北海道にいなければなりません。

 

北海道から日本列島をどう導き、国民の意志、国の意志、その目的をどう明確にしていくかは、これからあなたのお役目でございましょう。

 

起きる天災については、受け入れて対処するしかありません。

 

人口が大きく減ろうが、ゼロにはならない限りは、日本国民は日本国民でございます。

 

それをどう導くかは、知恵と力が必要でしょう。

 

そのために必要なものは、全てお与えいたしますので、この国を新たな方向にお導き下さいませ。

 

 

人を救おうとしてはなりません。

すがる者ほど、「奪う者」たちでございます。

 

「人を助ける者」は、人の物を奪いません。

なおさら自分の物を差し出すほど、優しき心と大きな心がなければ、ただの奪い合いが起きるだけでございます。

 

死ぬべき人は死ぬ、生きるべき人は生きる。

それも、天の定めなり。

 

運が良いとか悪いとか、関係ありません。

その日、その時、どこに居て、誰が生き、誰が死ぬのかも、実は全て決まっておりまする。

 

ならば、その生き残った人達を、どう導くか、それがあなたの次のお役目。

 

どうぞ、焦らずに、ゆっくりと構えて、この日本の対局を見守りながら、世界とのバランスをとって下さいませ。

 

皆、あなたの子供達でございまする。

その子供たちは、お父さんが何をするのか、日本のお父さんがどうしてくださるのかを、見守っておりまする。

 

知恵があり、心があり、神の子種をたくさん持つ男が、あなただからこそ、自らの命を尊ぶように、世界の自分の子供達を尊び、そして、これから生るる子供達の導きをお願い致しまする。

 

その為の子供を産める腹、若き女性達もたくさん必要でございましょう。

 

お婆婆は食事を作り、子供を育てる役目。

それは、昔から変わりません。

 

「予期に計らえ、予期に計らえ」といえば、皆、好き勝手な事を致しますので、出来るだけ具体的に、してはいけぬ事を教えねば、今の子供達は分かりません。

 

命の奪い合いをなんとも思わぬ、愚かな心

人を殺して痛みを感じぬその愚かな心

 

ならば、「殺されてみなさい」と教えた方が良いでしょう。

 

命の駆け引きには、責任が伴います。

あなたも子供の頃から、多くの命の駆け引きをしているからこそ、「命についての責任」を背負い、生きてきた長い年月。

 

しかしながら、まだ、これからの方の、たくさんの人の命が失われます。

 

だからこそ、たくさんの子供を産み育て、多くの人口を増やすのです。

 

それが、新たな日本人のやるべき最初の事。

食べ物と環境を与えれば、まずは、子供を産み育てる事です。

 

それしかこの国を守る方法はございません。

人口が多きものが、実は、強きもの。

これは、世界共通の原理原則です。

 

その為に食べ物を作り、土地を守り、命を繋ぐ事が、何億年前から続いてきた「民族の証」なればこそ、それがなくなれば、人類も日本も終わりでございましょう。

 

日本に新たな子が生まれぬ場合、それは世界の人口も止まると思って下さいませ。

あなたの子供達は全て、あなたの魂の分霊だからこそ、あなたが思えば、世界中の子供達が、その役目を気付き、たくさんの子孫を残すはずでございます。

 

それも新たな国づくり!

 

今の国の仕組みを超えて、今までのくくりを超えて、新たなる国家を作るのも良いでしょう。

 

国は、土地には縛られません。

民族さえも変わります。

 

それが、国家国民の養育なればこそ、血の繋がりを一番大事にして、その導きをどうするかを、ゆっくりお考え下さいませ。

 

日本は日本の責任がありまするが、世界も同様に、自国を守れなければ終わりでございまする。

まずは自国を守り、そして、他国と手を組み、命の交わりをすれば、争いごとは収まります。

 

昔からそうやってこの国は、「和の国」となってきたのですから。

どうぞ、その姿勢を多くの方達にお伝え下さいませ。

 

戦うのではなく、「子」を残す事です。

それが、唯一の「和平」でございます。

 

どうか、宜しくお願い致します。

 

アーカイブ

Translate »