1. HOME
  2. ブログ
  3. ・2016年〜真実を学べる「神仏心大学」
  4. 【吉岡一門】「鈴木」という苗字の家系ルーツは、「小作頭」で嘘つきの泥棒です。

【吉岡一門】「鈴木」という苗字の家系ルーツは、「小作頭」で嘘つきの泥棒です。

以前のブログでご紹介したと思いますが、「全国苗字ランキング」で三位の「鈴木」という苗字は、「吉岡一門の頭領が与えた苗字」ですので、私が12歳で「頭領」になった時に父から全ての「苗字」の先祖ルーツを聞きました。

・・・・・

一言で言うと、「鈴木」という苗字は「小作頭(こさくがしら)」の苗字で、武士の領地を管理する「小作の親分」に与えられた苗字です。

・・・・・・

昔は、他人の領地を「夜中に奪う不届者」が多かったので、「小作農」たちに夜中ずっと田畑に棒を立てて、棒と棒を細い糸で繋いで侵入者が入ると「鈴」が鳴るようにしておき、「小作農」たちに見張らせていましたが、眠ったり、サボって「武士の領地」を奪われた責任を取るのが、「小作頭の鈴木家の役目」だったのです。

・・・・・・

当然、不届者を成敗するための「日本刀」も武士から持たされていましたが、ほとんどの鈴木家の小作農たちは武士に頂いた刀を「質屋に入れてしまうバカばかり」なので、いざと言う時に敵を斬り殺す刀がない家が多かったし、土地を奪われて大変だったので、すぐに「小作頭」を他の奴に交代させた!と、父が教えてくれました。

・・・・・

吉岡の父の言葉)

「鈴木」という苗字の人間はな、昔からサボリ症で、怠け者ばかりだし、他人から盗んだ金で酒を飲みまくり、見知らぬ女を犯しまくったり、奪った宝石や貴金属で身を飾るほど、「嘘つきで見栄っ張りの一族」なので、箸にも棒にもかからん奴らばかりで困ったもんさ。

 

他人のものを勝手に盗んで捕まっても、「自分じゃない」とシラを切るし、村の問題が起きた時は影で悪いことをしているのが、いつも「鈴木家の人間」だったので、大変だったと本州にいた曽祖父も言っていたぞ!

 

やっぱり、「泥棒の家の子供は泥棒」になるんだな。

 

俺の親父は優しい人だったので、「北海道に移住した鈴木家の人間」を全て切り殺しても良かったのに、「嘘のごめんなさい」ばかり言って泣くので許したが、結局、村で問題を起こすのはいつも「鈴木家」の人間ばかりさ。

 

いつか、お前も「本州の鈴木」という家の人間のルーツの土地に行って見てみろよ!

 

あたり一体が「鈴木」という名字ばかりで、みんな他の武士たちから追い出された奴らの集まった場所なので、コメも野菜もできない土地が悪い湿地帯か、谷地(やち)に住むしかできない「村の嫌われ者ばかり」が集まって住んでいる土地なんだぞ!

千葉県八街市(やちまたし)

 

特に、千葉の八街(やちまた)という場所は、関東に行った北朝の吉岡一門の武士の小作だった「鈴木家の一族」が集まって住んでいるし、子供や親族が警察に捕まっている奴らも多いし、人を騙して「国家公務員」になって国の内部に入って悪いことをし続けている奴らしかいないので、あそこの人間と結婚したら、一族が土地も財産も無くなるまで使い果たすから、「吉岡一門八人衆」に書状を書いてまわしてやったのさ。

 

「金輪際、吉岡家と鈴木家と結婚することを禁ずる!」とな。

千葉県八街市(やちまたし)

 

千葉県の八街(やちまた)という土地の名前がついた理由は、「八つの町に迷惑をかけた、とんでもない奴らが住む場所」といういう意味の土地だし、畑も田んぼも作れない痩せた場所に「鈴木」という苗字の人間ばかりが集まって住んでいる「刑務所帰りの泥棒の集まりの場所」なのさ。

 

だから、千葉県の八街市の鈴木一族には関わるなよ!

・・・・・

「鈴木家」に生まれた女たちは、他の苗字の男と結婚すれば「先祖のカルマ」は無くなるから子供は大丈夫だが、実家にいて、嫁にも行けない女たちは最悪さ。

・・・・・・

「鈴木」という苗字の男たちは、他の苗字の女たちを拉致して犯すか、金を渡して結婚するしか子供を残す方法はないので、貧乏人は結婚できないからこそ、鈴木家に生まれた男たちのおチンチンは、先祖が悪いことをし続けたので罪を問われて「小指」みたいな小さいチンチンばかりだし、大きくなっても「親指」が最大なんだぞ!

 

俺は、現物を見て笑ったさ!

 

千葉の八街市まで鈴木一族の場所を見にいったあと、立ちションベンしていると、横に立って一緒に連れションした男が「鈴木」と名乗ったので、そっと、オチンチンを見てみると、「小指かと思ったくらい、ちっちゃいおチンチン」からオシッコが出たので、笑うのを抑えるのに大変だったんだぞ!

・・・・・

まあ、ああいう「先祖が悪いことをした奴らは、死んでも過去のカルマは消えないし」、好きな女と恋愛してもうまくいかないし、間違って結婚できるとしたら、「処女の女で、絶対に他の男と遊ばない女」を見つけるしかないが、大抵の女は絶対に結婚しても、子供を産んでも、他の男とエッチするので、それは諦めるしか無いと思っておけよ!

・・・・・・

「日本の太平洋側」から北海道の東側に移り住んだ「北朝」の奴らの中にも「鈴木」という苗字がいたので、俺が美味しいコメと野菜と南朝の日本刀を数本持ってプレゼントしてやり、北朝と南朝の武士たちと三日三晩、話し合った結果、

絶対に、南朝の女を勝手に犯さないと約束する条件を飲んだので、「北海道だけは吉岡一門と鈴木の結婚を許したから、北海道には「鈴木」の苗字」が多くなったのさ。

https://office-morioka.com/myoji/bunpu/002_suzuki_bunpu.html

日本の「鈴木」という苗字の県別分布図

 

そこまでしてやったのに、「自分の先祖は武士だ」と嘘をつく「鈴木」は多いし、いつも俺に勝負を挑んくる奴らがあとを絶えないので、何人、成敗したからわからんほど「鈴木の人間」はたくさん切り殺したなあ。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

こんな話を「12歳の頭領交代式」のあと、父の言葉をぼんやり聞いていたはずなのに、30歳の時に「国を守る仕事を手伝ってくれ」と、労働組合の元委員長に会わされた人間が、「日本の裏切り者の鈴木友康(長男)だし、「自分のルーツは武士だ」と嘘を言い張ったので、本当に、親も先祖も子孫も嘘つきの一族だとつくづく嫌になりました。

・・・・・・

あとで警視庁に行って「特別捜査官」のバッチを見せて、「犯罪者の苗字の一覧を見たい」と言って見せてもらうと、本当に、犯罪を犯して捕まるバカが「鈴木」ばかりだったので、つくづく「先祖カルマ」は消せないものだと思いました。

・・・・・

出身大学は「明治大学」のくせに、「東京大学の経済学部に通っています」と嘘をつくし、「僕は頭がいいので、特別に国の官僚の仕事を学生時代からお願いされて手伝っています」と嘘の上塗りをするので、笑ってしまったほどアホな人間です。

・・・・・

・・・・

当時は、私が「警視庁の特別捜査官」で、「インターポール捜査官」だと知らない鈴木友康だったので、実家の住所を調べて「千葉県の八街市」まで行ってみると、周りの家の表札は全て「鈴木」だし、何とか家を見つけて、父親と母親と祖母に会えましたが、まあ、「鈴木友康の父親も嘘の上塗りばかり」だったので、家族がかわいそうになるほどひどい男で、あんな家に生まれた人間は「よほど過去に悪いことをしている一族だ」と実際に会ってわかりました。

・・・・・

男も女も「鈴木」という苗字を名乗っている人間は、必ず、誰かのものを盗むし、嘘を付くし、信頼を裏切る人間なので、どうぞ、ご注意下さいませ。

千葉県八街市

 

 

<1990年に鈴木友康と会った時の実話>

30歳で「官僚の仕事」を手伝うことになった最初から、アメリカとの「日米交渉」をまとめたし、そのあとすぐに「日中交渉」もまとめたあと、別な官僚から世界の国々が「インドと国交を結びたくて戦いになっているので、ぜひ、力を貸して欲しい」と言われ、官僚の専用機の日本のプライベートジェット機で「鈴木友康」と一緒に飛んだことがあります。

「お前は面倒臭いから付いてくるな!」と言ったのに、ネズミみたいに「機長の入り口」から入ってきたので、仕方なく、「インド国王との交渉」の様子を見せましたが、あまりに交渉が早く終わるので、驚いていました。

 

・・・・・全ての交渉が終わったあとの鈴木友康との対話・・・

 

吉岡)俺の交渉が早いと言ったが、普通の外務省官僚の外国との交渉はどういう風にするのか言ってみろ!

鈴木)はい、普通なら高額なお土産をたくさん用意して品物の中に名刺を入れて渡さないと名刺さえ、もらってくれません。

そのあと、「最高級な美味しい紅茶が手に入りましたので、一緒に飲みましょう」と「お茶セット」も用意してお茶を入れてあげるのが普通なのに、吉岡さんは何も持たずに、モディ首相にまっすぐ歩いて行くし、向き合って、目を見つめて、しばらくしてから手を差し出すだけでモディ首相が握手してくれたし、すぐに交渉に入るから通訳するのが大変でした。

インド国 ナレンドラ・モディ首相 兼 国王

 

吉岡)お前の英語の通訳が下手すぎて意味が通じないので、相手が日本語で話してくれたからやっと交渉できたが、お前はやっぱり付いてくる意味がないから、二度と俺の仕事は邪魔するなよ!このバカボンズ!

・・・・・

・・・・・

インドから日本に戻るまで7時間もかかるので、酒でも飲もうかと思って冷蔵庫を見ると、安物のプライベートジェット機の中には「洋物のビールと高級ワイン」しかなかったので、仕方なくビールを二人で飲むと「オシッコに行きたい!」と子供みたいなことを言うので、「そこの缶コーヒーの蓋を缶切りで切って、その中にすればいいじゃないか?」と言うと、小指みたいなオチンチンを出してオシッコをしたので、嘘だろ!と驚きました。

・・・・・

鈴木)「そんなことを言うなら吉岡さんのも見せて下さいよ!」と言うので、パンツを下げて普通の状態のオチンチンを見せるとビックリした顔をして、

「なんで、そんな普段からボッキした状態でいるんですか?」と聞くので、

吉岡)「お前、これはボッキ前だし、最小の状態だぞ!」

鈴木)「じゃあ、僕のボッキした最大の大きさを比べましょう」とオナニーをし始めて30秒もたたずに白い液体が飛び出ました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

鈴木)「僕も出したんだから、吉岡さんのオナニーも見せて出して下さい!」と言うので、軽くオナニーするとまあまあの大きさになりましたが、それを見ていた鈴木友康は「化け物チンチンだ!怖い!怖い!黒いナマコみたいだ!」と泣くほど恐れていました。

女たちは、これが美味しいと喜ぶのに・・・ねえ?

・・・・・

・・・・・

・・・・・

吉岡)ところで、お前はその糸みたいなチンチンで今まで何人の女とヤッタのか?人数を正直に言いなさい!

鈴木)「五人です」

 

吉岡)もしかして、その人数に、「手だけ繋いだ奴」とか、「チュウだけした女」の人数は入ってないよな?

鈴木)「入っています!」

 

吉岡)「オチンチンをマンマンに入れた人数を正直に言えよ!」

鈴木)「マンマン」て、どういう「おまんじゅう」ですか?

 

吉岡)北海道では、女のあそこのことを「マンマン」と呼ぶんだぞ!覚えておけ!

関東では「おまんこ」だが、関西は「オメコ」、鹿児島だと「おぼぼ」って呼ぶんだぞ!この世間知らずのバカ長男!

鈴木)勉強になりました。

 

吉岡)だから、何人のオマンマンにお前のチンチンを刺したのか、はっきり言えよ!

鈴木)「0.5人です。」

 

吉岡)なんだあそれ?その「0.5人」の意味を説明しろ!

鈴木)だって、1年間付き合って、やっと服を脱いであそこに一気に入れたら、彼女が怒って、僕を突き飛ばしてこう言ったんです。

 

女)ここまで濡らしておいて、なんで今頃、指を入れるのさ!

私をバカにしてるかい!

 

鈴木)「いえ、これが最大のオチンチンです!」と言うと、こう言われました。

 

女)あなた、お金はいらないからすぐに帰りなさい!

???

???

???

吉岡)と言うことは、お前、プロの女に1年間、金をかけてデートして、一人に一瞬、刺しただけで終わったのか?

だから0.5人なのか・・・。

それで、いつも女に金がかかると言っていたんだな・・・。

 

俺は素人としかセックスはしないからプロの遊び方はよくわからんが、お前は絶対に、「処女で男遊びをしない女」を捕ませろよ!

 

まず、そんな女はいないと思うけどなあ・・・・。

そうじゃないと結婚はできないし、苗字を継ぐ子供もできないぞ!

 

俺なんかよお、21歳のお前の頃には100人以上の女経験があったし、30歳になった今はもう、数千名になっているし、これからもどんどん増えると思うなあ・・・。

※65歳の今、過去の女性経験を振り返ると、世界中で1万人以上の女性たちと性体験をしたし、自分の子供も確か6000名以上いると思いますが、多すぎて忘れました。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・

鈴木)いろいろ僕のオチンチンのことで教えを頂きましたが、僕の父親も僕と似たようなものだし、おじいちゃんのオチンチンは僕と同じだったので、このことは「鈴木一族の恥」ですから絶対に秘密ですからね!男同士の約束ですよ!「ユビキリゲンマン」して下さい!

 

吉岡)勝手に指をかけて「ユビキリゲンマン」をしやがってこの野郎!

じゃあ、お前は「吉岡学に絶対に嘘をつかないし、騙さなさい!」という約束をもう一度、「ユビキリゲンマン」でしようじゃないか!

破ったら、「鈴木友康と一族の恥」を世界中にインターネットで公開するからな!!

・・・・

女みたいに小さい手の小指を掴んで「ユビキリゲンマン」しましたが、「手のひらの大きさが男のあそこの大きさです」と言ったプロの女たちの言葉の意味がよくわかりました。

・・・・

・・・

昔から「武士は食わねど高楊枝」という言葉があるように、常に、お腹が空いていても水を飲んで耐えることを「武士の習わし」とされていたため、幼稚園の頃からいつも空腹でしたが、あまり多くのお米を栽培できない「太平洋側の北朝の武士たち」は満足に食べ物を食べていないからこそ、人を騙して金や領地を奪ったり、土地の書類を偽造したり、小作の女子供を犯して嫁にしたり、殺していたので、いざ、自分の子供が欲しいと思っても、

「先祖が悪いことをしているので女の子しか生まれない家が多い」ため、自然に男の子が生まれず、没落していく家が多かったことも調べてわかりましたので、どうぞ、お母さんたちは娘に「付き合う相手の苗字の先祖ルーツ」をよく調べてから結婚しなさいと教えて下さい。

・・・・・・

・・・・・

・・・

九州の熊本県で「日本中の先住民」を束ねて、最初に自分で「苗字」をつけた「吉岡」と言う字は、左右対称で「揉め事を起こさない」ことを信条にしていたので、「太平洋側に進んだ北朝一派」と、「日本海側を進んだ南朝一派」に分かれた「吉岡一門八人衆」が最後に集まったのは、岡山県岡山市でした。

・・・・・

私が18歳で岡山理科大学に入学して安アパートを借りた日の夕方に、「吉岡一門八人衆」のトップが4名集まったので、「父が連絡した」とすぐにわかりましたが、見た目は農家のおじさんたちですが、全員、日本刀を持っていたので「吉岡八人衆」だとわかりました。

 

 

「本当は「吉岡一門八人衆」が私以外に7名いるはずだけど、なぜ4名しか来ないのですか?」と尋ねるとこう言いました。

・・・・・・

「残りの3名は北朝の人間」で、吉岡一門の頭領に合わせる顔が無いと、来たくても来れない理由を教えてくれました。

・・・・・・

人を騙して警察に捕まっている奴や、「君のお父さんの吉岡忠さんから預かった小判」を使い果たして顔向けができない奴や、「南朝の武士」に勝負を挑んで殺された奴の父親も来れないと、言い訳を聞きました。

・・・・・

「吉岡一門八人衆」は、3200年以上前に日本を最初にまとめ上げた「先住民の頭領」がルーツですし、「天皇家に子種」を入れ続けて天皇家を支えてきた一族ですが、吉岡家が認めた「苗字」をしっかり守り続けた人たちがいるからこそ、その子孫が今の「日本人」になっているとご理解下さい。

・・・・・

日本人の全ての苗字のルーツは、「吉岡一門八人衆が苗字を名乗る許可を出して、そのあと北海道芦別市常磐町に住む私の父・吉岡忠に書類で送り、「承認」の印鑑を押してやっと認められるルールでした」ので、今の「区役所」と同じ役目をしていましたが、私が頭領になった時に、全てを辞める通達文を送り、終わらせました。

・・・・・

それなのに、「エタ・非民」と呼ばれた同和の人たちや、中国・韓国の「第三国人」と交わって子供を作り、「吉岡一門の頭領の許可を得ずに勝手に苗字をつけて総務省の区役所に届け出た」ので、つくづく愚かな「北朝」の奴らが「日本民族のカルマ」を作り出していると呆れました。

 

今の総務省の役人になった「北朝たちの企み」は、何とかして「吉岡一門頭領」とは違うルールを作って、世の中の人を騙した詐欺行為の結果、「日本人のカルマ」が生まれたとご理解下さい。

・・・・・

「吉岡一門八人衆が許可を出した苗字」と、それ以外を分けて使えば、すぐに相手が問題を起こしてもお互いの先祖ルーツに対して「吉岡一門の頭領がお詫びの先祖祈り」をすることで「先祖カルマ」も外せることを知らないバカな人たちが考えることだとつくづく思い、バカの東大出の考えることだと思いました。

・・・・・

こういう事実さえ、自分で「記憶を消す薬」を飲んで消しいたのですが、不思議なことに、解脱後の2003年から「北海道の自然界とアイヌのお詫び祈り」をしたあと、「沖縄で自然神と先祖祈り」をすることになり、そのあと、「関西、中部、関東と回り続け自然界お詫び祈りと先祖カルマを外す祈り」を日本中で20年間もさせられた結果、「スピリチュアル業界」に天無神人(アマミカムイ)という名前が広まりましたが、これも日本人を守る私の魂の役目だったのでしょうね。

北海道 利尻岳祈り

愛知県 日本の中心祈り

沖縄本島 安田ヶ島(あだがじま)神事

宮古島 八重干瀬(ヤビジ)祈り

・・・・・

・・・・・・

・・・・・

「自分は武士だ」と嘘をついて女と交わった「北朝の小作農たち」は、中国人や韓国人の「第三国人」と交わった人たちがほとんどだし、「太平洋側の北朝の小作農」なので、「日本海側の南朝の小作農」とは格が違いますし、小作農が持っている日本刀の質は全く違うので、本気で戦えば、すぐに「北朝の日本刀」は真っ二つにできます。

 

私が8歳で父に真剣勝負で勝ったあと、12歳で元服して正式に「頭領」になるまでは、父に勝負を挑みにくるバカな「北朝の武士」をコテンパンに斬り殺しましたし、刀と刀を合わせた瞬間、一気に、「北朝の日本刀」を折る腕も技術も訓練していますので、「北朝の武士だ」と言った人たちには、

「あなたたち北朝の日本刀はボロな素材で作っているので、何度も、やめた方がいいですよと言ったし、子供だと思って甘く見ていると、一瞬で切り殺します

と言ったほど私は真剣勝負は早いし、負けたことはありませんので、まだ生き残っています。

 

・・・・・・・

北朝の「吉岡一門八人衆」の一人である日銀総裁の三重野康総裁は自分で先祖ルーツを調べた時に、「吉岡一門八人衆」の頭領に渡すべき「小判」を使い果たした北朝の一族だったので、心の底から「私を切って下さい」を土下座を「ススキノの社長会」のお店の床に土下座した時は驚きました。

 

「天下御免!」と叫んで、果物ナイフで首を少しだけ切って、「過去の先祖カルマ」を終わらせたので、生涯、私をサポートしてくれたおかげで、「バブル崩壊」を一緒に食い止めることができたことで罪滅ぼしとしました。

 

・・・・・

 

「富山県の南朝の武士」の一団が北海道の上川郡、空知郡、石狩郡で「コメ農家」になり、小作農が努力した結果、「60年前は美味しくなかった北海道のお米」を、日本のコメランキングの「トップ3の味」になったのも、父の吉岡忠が「微生物の研究」をして北大の学者に教えた結果であり、北海道の農業試験場が努力を重ねた結果であり、北海道の農家のお米が「日本一」に輝いて健康で美味しいお米が届けられる喜びを感じているからこそ、これから「私が北海道のすべての田んぼを継承しよう」と思って計画しています。

「苦節、60年の名誉」を私の父は見ておりませんが、お米を作れる技術と経験を次の世代に引き継ぐことを今は真剣に考えて準備してますので、子供を産む女性たちは、食べたいものを口にするのでなく、「健康で子供が産める体を作る責任」を感じて子供たちを育てて下さい。

・・・・・・

日本穀物検定協会のプロが選ぶお米の味のランキングは、以下のサイトでご確認下さい。

https://www.kokken.or.jp/ranking_area.html

アーカイブ