1. HOME
  2. ブログ
  3. ◆真実の日本史 吉岡一門頭と天皇家
  4. 【吉岡一門】(侍算術)ちゅうちゅうタコかいな?

【吉岡一門】(侍算術)ちゅうちゅうタコかいな?

ちゅうちゅうタコかいな?

イカより足は多いか少ないか?

・・・・・・

 

これは「侍算術(さむらいさんじゅつ)」と申しまして、武士の家にしか伝わらない「武士の算術」です。

 

なぜ、商人のように「そろばん」を使わないのかを父に聞いた時の答えをご紹介いたします。

・・・・・・

・・・・・

父)武士はいつでも「暗算」で物事を計算しないと、”そろばん”を弾いている時に斬り殺されるので、目で見たもので、「算術を覚える訓練」を子供の頃から教わるものなんだ。

だから、さっきの、「ちゅうちゅうタコかいな?イカより足は多いか少ないか?」

 

「ちゅうちゅう」は何かわかるか?

 

学)「ちゅう」だから「ネズミ」だと思うけど、二回言うってことは、何かの数が「倍だ」という意味だよね?

 

父)御名答!

じゃあ、ネズミは一度に何匹、子供を産むか知ってるか?

 

学)知りません、教えて下さい。

 

父)良い返事だ、それが重要だ。

いいか、人に質問されてわからない時に「勝手な答え」を妄想して適当に言う人間を信用するなよ。

 

いつでもどんな重要な時にも、「たぶん、こうじゃない?」とか適当なことを言っておいて、間違ってたら、「そうなんだ」と言うだけで「謝らない」し、言ったことが合ってると「やっぱり!」とかいう奴は、絶対に、「親友」ができない適当な人間なので注意しろよ!!

 

だから、多少知っていても、賢い人間は、「確認の意味」を含めて「教えて下さい」と口にするものさ。

 

学)はい、お褒め頂き、ありがとうございます。人生の教訓も参考にさせて頂きます。

 

父)それでよし!

じゃあ、「侍算術」を教えるぞ!

 

ネズミは平均して一度の出産で5匹子供を産むもんなんだ。

これは、俺が昨日、ネズミの巣に手を突っ込んで数えたから間違いない!

 

「ちゅう」は「5」、「ちゅうちゅう」は「5」が2回だから「10」の意味となる。

 

そして、「タコかいな?」の意味は、タコの足は8本だからどっちが多いかはわかるよな?

 

これは「ひっかけ問題」で、大事なことは、「イカより多いか少ないか?」なんだ。意味はわかるか?

 

学)えーと、以下の足は10本だから、ネズミ2匹で10と同じなので、イカより多いか少ないか?」の答えは、「同じです」がいいと思います。

 

父)ほら、引っかかった!!!

イカはな、見える足が10本と、思っているのが普通の人間で、図鑑で調べたらわかるが、 10本のうちの2本は「触腕」と呼ばれる「手」なので、他の腕より長く、先が木の葉の形をしている2本の手を引けば足は8本なので、「ネズミよりイカは少ない!」と答えるのが正解さ。

 

<イカの体 ★腕>

イカやタコの足は一般的に足と呼ばれていますが、ものを捕まえたりするその機能性から「腕」といいます。 イカの腕は10本といいますが、本当はタコと同じで8本なのです。 10本のうちの2本は触腕と呼ばれるもので、他の腕より長く、先が木の葉の形をしています。

 

学)やられました・・・、これ、もしかして、父が自分で編み出したの?

 

父)そうだよ、「吉岡一門の頭領」は、あらゆることを知っていなければ学校の教育も担当する寺子屋の先生と同じだし、戸籍や住所や行政の仕事もしている市役所と同じ仕事をしているし、天皇から「十手(じゅって)」ももらって国を守って下さいと言われているので警察の代わりもせなならんので忙しいのさ。

だから、バカな子供でも覚えられるように、面白く「侍算術」を作るのが、武士の頭領の仕事なんだぞ!

 

お前も「12歳の元服」にになれば、正式に「吉岡憲法 吉岡一門の頭領」になるので、自分で色々編み出して、子供達に教えなさい。

 

学)世の中に無いものを編み出すのは得意なので、今度、作ってみるから聞いてね!

 

父)おう!待ってるぞ!

 

学)ちなみに、「ちゅうちゅうタコかいな?」のタコを入れているのはなぜなの?

 

父)よう聞いた!教えてしんぜよう!

バカはな、言われたことの言葉だけを覚えるので、ちゅうちゅう=ネズミ、タコ、イカと三つの生き物を思い浮かべるので、まず、答えられないのさ。

なぜ、こんなひっかけ問題にしたのかというと、世の中に出てみると、まあ、人間は嘘をつく奴もいるし、人を騙す人間もいるが、「賢くて正直者」を探すために、編み出した「侍算術」さ。

 

バカは、聞いたことや知ったことにすぐ気を取られて、大事なことを忘れるので、大事なことを頼んではいけないので、人を選ぶ時に、この「侍算術」を使うんだ。

 

賢い人間というのは、「対局感」という、全体を把握する能力が高いので、ごちゃごちゃした物の中から大事なものを見つける能力が高いのさ。

 

そいつが賢いかどうかを判断するコツは、そいつの家に行って部屋の中や、引き出しの中、そして、冷蔵庫の中や押し入れの中を見てみろよ!

 

バカは、間違いなく、ゴチャゴチャだし、整理できないし、「整理と整頓の違い」もわからんからバカなのさ。

 

まあ、そういう奴の親もバカだから、嫁にはするなよ!

 

学)よくわかりました。「侍算術」は人生の教訓なのですね。さすが、父上でございます。

その子供に産まれさせて頂き、ありがとうございます。

 

ついでの質問で失礼ですが、日本で一番、頭がいいとされている「東京大学」の人は、本当に頭がいいんですか?

 

 

父)東大の人間は最低さ。

日本を動かしている官僚や政治家たちも「東大出」が多いが、まあ、ほとんどはバカばかりだな。

だってな、「吉岡一門の資産」をタダで貸してやっているのに「お礼」も無いし、俺から税金を取ろうと書類を送ってくるんだぞ!

 

いいか、日本の全ての土地も世界の山も水も湖も、吉岡一門の財産だから「賃貸料」をもらってもいいんが、今、タダで貸しているだけなので、お前が正式に頭領になったら日本国に請求しろよ!

 

東大出はなあ、親が金持ちなので、入学する前に多額のお金を寄付すれば合格するし、毎年、東大卒だけの集まりがあるので、そこで政治家も、官僚も、商社にいる奴も、株を動かす人間も、インサイダー取引になる情報を話して、先に賄賂を受け取っているので、この日本国は腐っているのさ。

 

自分の頭で考えて「新しい仕組み」を生み出せない人間ばかりなので、常磐町の農家の息子でも東大を卒業した息子がいるが、社会に出てノイローゼになって、今、実家に引きこもっているだろ。

 

だから間違っても、東大だけには入るなよ。あんな記憶だけできても、「応用」ができない人間は社会で通用しないので、いつも東大生は群れているのさ。

 

それによ、東大には、「赤門」と呼ばれる「山門」を置いているが、あれは「山門」なので、平地に置くものでは無いのに、そんなこともわからん馬鹿者たちの集まりが東大だと覚えておきなさい。

 

 

学)よくわかりました。「東大、赤門、バカ」・・・。

覚えておきます。

「東大生は、バカの集まり」と記憶しておきます。

貴重な体験談を教えて下さりありがとうございます。

・・・・・

8歳で父に日本刀の真剣勝負で勝った私に、教えてくれた父・吉岡忠の「侍算術」でした。

アーカイブ