1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1989年〜(特別上級国家公務員)内閣府・外務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・デジタル省 
  4. 【外務省】ドイツが絶対に日本を攻めることができないように国連に国交議決条約を提出しました!

【外務省】ドイツが絶対に日本を攻めることができないように国連に国交議決条約を提出しました!

1989年10月11日(30歳)に、北海道ダイエー労働組合に入ってすぐ「外務省」の仕事を無償で手伝った最初の仕事は、「日中国交問題」が大きかったので、私の判断で古い備蓄米とアメリカの医薬品を送る指示を出したお礼に、中国鄧小平主席かた会いたいと言われたので中国に行くと、鄧小平主席本人から胸のバッチを頂けたことで無事に中国との国交は回復しました。

▶️【外務省】中国との国交を回復!正式に、特別上級国家公務員認定

・・・・・

日本に帰ってくると官僚たちに私の噂が広がったのか、すぐに「外務省のドイツ担当の二人の官僚」から電話があり、「ヨーロッパで一番問題がある国はドイツです」と言われたので驚いて調べました。

高級車のベンツやBMWやアウディは全て「ドイツのマイスター職人」が作った技術だし、「ドイツ軍のティーガー戦車」もマイスターたちの技術を応用しているので「優秀な戦車軍団」を持っていから大東亜戦争も強かったと祖父から聞いていたからです。

ドイツ担当の官僚の二人が口にしたのは「ネオ◯チ」という言葉ですが、この言葉をネットに書くと、即、記事が削除されるほど世界で「最も危険フレーズ」として扱われています。

・・・・・・

「ヒトラーの世界統一危険思想」の人たちがまだいることに驚きましたし、日本国内はあえてテレビでもマスコミでも「放送禁止」にしている理由は、世界中のどこの国にも重要な企業にもドイツ人は入り込んでいるので、しょっちゅう、ドイツ本国に帰る人間は普段は優しくても「ネオ◯チ」だと思ってご注意下さい。「両親に会いにいく」と言って本国の集会に出るそうです。

・・・・・

ネオ◯チ(英語: neo-Nazism、ドイツ語: Neonazismus)とは、極右民族主義を源流とする第二次世界大戦後の政治運動・組織の総称である。 ネオ◯チは、極右政治と右翼過激主義の特定の形態と見なされている。

・・・・・

「東西ドイツがどれくらい酷い状況なのかを知るために、駐日ドイツ大使に会わせろ!」と官僚に言うと、「行きたいなら電話しておくので自分で行って下さい。」と言われたので、組合の出張を兼ねて、東京都港区南麻布4丁目5−10にある「駐日ドイツ大使館」へ行き、応接室で待っていると誰も出てきません。

なんでこんなに待たせるのかとイラついていると、やっと、ドイツ駐在大使のクレーメンス・フォン・ゲッツェ大使が出てきて、こう言われました。

・・・・・・

大使)先ほど、あなたは待っている時に置いてあった「水」をガブ飲みましたが、普通は誰も信用していない国の人間ばかりと付き合うので、私は迷わず水を飲んだあなたを見たので、「信用できる人間だ」と思ってやってきました。

もし、水を飲まずにいたら「私は留守」と言って出ていきません。それくらい日本の官僚は信用できないので、今日はあなたを信用できる人間だと思ったので何でも話して下さい。

 

吉岡)では、あのドイツで有名な「ネオ◯チ」について詳しく教えて下さい。東西ドイツになってから、とても困っていると二人の官僚に聞いたので、どこに問題があるのかを知りたいので、詳しく状況を教えて下さい。

 

大使)そうですが、あのことですか・・・。これは私が言ったというと問題になるので、ちょっと耳を貸してもらえますか?

・・・・・・

お互いに盗聴を避けてヒソヒソ話をしたあと、大声でこう言われました。

・・・・・・

 

大使)では、一緒に今からドイツに行きましょう!さあ、このまますぐに飛行機は飛び立てますので羽田空港まで一緒に行きましょう!

・・・・・

迷っていると怪しまれるので、素直に大使のベンツに乗って羽田空港へ行き、ドイツ製のプライベートジェット機でドイツへ行きました。

・・・・・・

プライベートジェット機は大使個人の持ち物だから盗聴器はないので、「ここで本気で話しましょう」と言われ、ある極秘作戦を決定しました。

・・・・・・

「東京とドイツは7時間も時間が戻るので、ちょっと行って戻ってくれば、そんなに問題はない」と言われたので、一緒にドイツへ行ってビールとソーセージが美味しいと有名な「ホフブロイハウス」で「前祝い」だと言って一緒にドイツ人と盛り上がってお酒を飲んでから家族にも合わせてもらって日本に戻ってきました。

クレーメンス・フォン・ゲッツェ(Dr. Clemens von Goetze) 1962年3月29日ベルリン生まれ、既婚、2子

ドイツの世界一有名なビアホール「ホフブロイハウス」

・・・・・・

そのあと、世界中にこんな情報が流れましたが、クレーメンス・フォン・ゲッツェ大使はドイツにいなかったので怪しまれませんでした。

・・・・・・

ベルリンの壁崩壊(ベルリンのかべほうかい)は、1989年11月9日https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A3%81%E5%B4%A9%E5%A3%8A

・・・・・・

まあ、私がベルリンの壁を壊す計画をしたこと」を認める人は日本人もドイツ人も誰もいませんし、ドイツ担当の両国の官僚だけが「隠しファイル」に記録しただけだし、お礼のお金は1円ももらっていないので、私の勝手な妄想かもしれません・・・(^^)

 

無事に、ドイツの壁崩壊になったニュースを日本で見ていると、ドイツ大使館の駐在大使のクレーメンス・フォン・ゲッツェ大使から電話が来て、「今からドイツにお祝いで行くのでまた一緒にドイツに来て欲しい」と言われ、千歳空港まで迎えに来てくれて、また彼のプライベートジェット機で「東西ドイツ融合のお祝い」でビールとソーセージが美味しいと有名な「ホフブロイハウス」でビールをご馳走してくれましたし、そのあとドイツの自宅まで連れて行ってくれて家族と一緒に食事をしたこともあるほど仲良しでした。

・・・・・・

日本に戻ってきてから誰かがチクったようで、クレーメンス・フォン・ゲッツェ大使はその責任を取らされてドイツへ強制送還されてしまい、二人のご縁も終わってしまいましたが、ドイツのメルセデス・ベンツとの繋がりは大使だけだったので、最後に電話して社長の電話番号だけは聞き出してくれました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

2024年現在、私が裏で動いてまとめあげたヨーロッパの共通貨幣通貨の「ユーロ」を脱退する国が増えていますが、ヨーロッパの国々が最も恐れているのは「ドイツの出方」なので、安倍晋三首相にドイツのメルケン首相と仲良くなるようお願いしたので、安倍晋三首相が生きている間は良い関係でした。

2019年2月、ドイツのメルケル首相が4日、約3年ぶりに来日し、安倍晋三首相と約50分間会談した。

・・・・・・・

2022年7月8日、安倍晋三首相暗殺

・・・・・・

2022年4月11年、シュタインマイヤー・ドイツ連邦共和国大統領と対談

2023年3月18日。日本とドイツは首相と外務、財務、防衛など双方の6閣僚による政府間協議を初めて開いた。

岸田文雄首相もドイツとの国交を継続できるように動いていますが、お金に関わる全ての計画を作っているのは「小指チンチン鈴木」がいる「財務省」なので、話しあった内容次第で今後の関係は変わりますので、今、ドイツが敵か味方かはわかりません。

世界情勢を勉強しようとしない「平和ボケした日本国民」はバカなドラマやお笑いばかりを見て笑っていますが、

世界のどの国の国民もみんな「第三次大戦」を恐れているので、毎日、学校で「CNNニュース」は流れていますし、中学生でも世界状況について答えることは誰でもできます。

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

1989年当時(30歳)の私に「日本とドイツとの国交」で何ができるか考えた時、自分が大好きな車のベンツかBMWへ行って未来につながる重要な「ビジネス契約」をして、お互いの国同士が大きなプラスになるための交渉をしたので、「極秘」でドイツに行った経験をお話ししましょう。

・・・・

日本国のプライベートジェット機の中から最終告知として「ドイツのBMW本社」の社長に電話すると「今は忙しい」と言って会うことさえ断ったので、ドイツのメルセデス・ベンツの最も古い「ベルリン・マリエンフェルデ工場」という最先端の機密情報満載の製造工場を見る許可をメルセデス・ベンツ本社の社長と交渉してもらったので、私が開発した「国防極秘特許」をいくつも持ってドイツ担当の官僚と一緒に向かいました。

ベルリン・マリエンフェルデ工場

・・・・・・・

ドイツのメルセデス・ベンツの「ベルリン・マリエンフェルデ工場の秘密工場」に行くまでも大変でしたが、「私の手土産」は、私が自分一人で設計して開発した人工衛星インターネットの「スターリンクの契約」をドイツにさせたかったのに、ドイツの政府の人間の誰もが人工衛星インターネットの「スターリンク」の説明をしても理解できる人間がいなかったので、日本も正式契約しているダイムラーグループのメルセデス・ベンツ社に行って、「アップル社のスティーブ・ジョブスに無償でいくつもの私の特許をプレゼントした代わりに貰ったiPadの販売特許をやるから話を聞け!」と言って、「スターリンクの使用特許権」をメルセデス・ベンツと契約してから、「ドイツ政府の首相と和平交渉」をすることが目的でした。

・・・・・

世界の要人なら誰もが知っていますが、ドイツ人は自分の利害になることしか動かない国民性ですし、「裏と表で違うことを言う国民性」もあるので、何が真実なのかを見極めるのはとても難しいからこそ、先に、日本とドイツの平和条約を結ばせる必要があった時代だったのです。

結果は、バッチリ!

「ドイツは日本を二度と攻撃してはいけない条約」を結んで国連に提出したので、もし、ドイツが日本を攻めることが起きれば、世界の国々はドイツを攻撃して国を奪うことができるとして、世界中の首相と国王たちに「正式な通達文」を流したので、日本国民の皆様はご安心下さい。

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

ちなみに1990年当時、ドイツのメルセデス・ベンツの開発をしていた最高の「技術統合マイスターのボブ」と喧嘩しながら私の特許をタダでたくさんプレゼントして作った結果が、2023年11月末に発売された「プラグインハイブリッドのGLC-350 4mathick」です、電気だけでもガソリンだけでも走れる車が完成したので、北海道の冬に戦争が起きてガソリンが手に入らなくなっても地震が起きても安心して移動できる車が完成しました。

・・・・・

この車だけ特別なのは、メルセデス・ベンツの開発をしていた最高の「技術統合マイスターのボブ」に人工衛星インターネット「スターリンク」の説明をしても、「インターネットのことはわからん」と言うので、別なお土産をいくつも用意していたから話が進みました。

・・・・・

2023年に発売したApple社の最先端「iPhone15」で使用している「USB-C」というコネクターは私が開発したもので、タダでスティーブ・ジョブスにプレゼントしたものですし、同時に「「USB-Cの販売特許」もタダで差し上げたので、そのお礼に「iPadの使用特許権」をもらったので、それをメルセデス・ベンツのボブに無償で差し上げたのです。

 

でも、さすが技術マイスターのボブは、「iPadをそのまま車に付けたら俺の技術統合マスターの名がすたる!」と言ったので、また、スティーブ・ジョブスに電話して、こう言いました。

 

・・・・・

 

吉岡)ねえ、スティーブ、「USB-Cの技術開発設計書」もタダでプレゼントしたし、「USB-Cの販売特許権」もタダであげたので、あなたは私に「ひとつ貸し」がある状態になっています。

だから、「iPadの販売権」だけでなく、「iPadの技術開発プログラム」を全てコピーして送って下さい!

ドイツのメルセデス・ベンツ社の車にだけ使うので、他の企業には絶対に「使用権」は売らないので頼みます。」と言いました。

・・・・・・

 

スティーブ・ジョブスは「しばらく考えさせて欲しい」と言ったので、こう言い返しました。

・・・・・・

 

吉岡)いいかい、スティーブ、1機種のiPadが世界で売れる売上合計と利益の数字を考えてご覧よ。

3年ごとに新しいiPadを作らないとアップル社の株価は落ちるので大変でしょ!?

 

私があなたにプレゼントした「USB-C」というコネクターは世界最速で最高に美しい動画を再生できる容量があるのでこれから全ての電子機器の「世界標準プラグ」になると確信できるので、売れる数を計算すればわかると思うけど、多分、3年間のiPadの売上の100倍以上にはなると思うよ。

あなたの専門スタッフと一緒に、どっちのほうが儲かるのか計算してみなさい!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

1時間後、スタッフと計算したスティーブ・ジョブスは、すぐに、メールで「iPadの技術開発プログラム」が送られてきたので、そのままベンツのボブに無償でプレゼントしたので、2023年に「iPad」が掲載されたプラグインハイブリッドモデルGLC 350 e 4MATIC Sports Edition Star」が完成しました。

 

あとでスティーブ・ジョブスがもう一度、自分で計算し直すと、3年間のiPadの売上の1000倍以上になることがわかったので、わざわざ日本までやってきて食事とお酒をご馳走してくれたので、いい人でした。

・・・・・・

「USB-A」=「USB 1.0」は1996年にリリースされた最初のバージョンです。 Low-Speed/Full-Speedがサポートされており、最大通信速度は12Mbpsです。 周辺デバイスは「1個のみ」接続することができて、約1000万個以上は売れています。

これから世界でどれだけ多くのコンピューターメーカーやスマホの企業が「USB-C」を使うか計算してみて下さい。多分、「一兆個」は超えると思いますよ!

 

シーリングケーブルとUSB-C

 

1990年代当時は、パソコンに刺すものは記憶媒体としての「USB-A」が主流の時代だったんですが、最初は「電源供給とデータ通信」ができなかったので、両方できるものを私が開発して「USB-A」の特許を持っていたアメリカに「USB-B」の特許もタダでくれてやったのに、「電源供給とデータ通信を1本でやる意味がわからない」というバカが多いので驚きました。

・・・・

時代がどう変わるかも予想できない人間がインターネット回線を作ったり、パソコンを作るので、「お前たちの仕事は100年遅いわ!」とあちこちで怒鳴りつけていた官僚時代でした。

・・・・

Apple社のアメリカ人の開発者と話しても「説明している意味がわからん」と言うので頭に来たので、イギリス本国に一番大事なスパコンの移動を教えてやってし、現地で設計も製作もしてあげたので「スティーブ・ジョブス本人に合わせろ!」と言って、本人に電話で説明してましたが・・・、

「現在、アメリカに対抗してiPhone用のライトニングケーブルの特許を取って製造しているので、それが売り切れたら「USBーC」を扱いたい。」

iPhone用のライトニングケーブル

と呑気なことを言うので、本当にスティーブ・ジョブスは頭がいいのか悪いのかわからなくなりましたが、最後は「iPhone用のシーリングケーブルの在庫が無くなったら扱いたい」と言ったので契約だけはしましたが、あれだけ有名なのに本当に呑気な人間で驚きました。

・・・・

30年近くかかってやっと、2023年にUSB-C仕様の「iphone15」が日本で発売されましたが、通信速度も通信容量も充電スピードも過去最高のものを1990年代に開発してあげたのに、本当に世界の開発レベルの遅さに呆れたほどです。

スティーブ・ジョブスには、「iphone15の周りに「チタン」を使うと壊れないぞ!」とアイデアを私がタダであげた特許も無償で差し上げました。

チタニウム製 iphone15

・・・・・

まあ、マイクロソフト社のビル・ゲイツに「USB-C」の凄さを説明してもすぐに理解できなかったので、仕方なく「スティーブ・ジョブス」に持って行ったのに、ビル・ゲイツが「自分は理解できないからアメリカに来て開発者たちに説明して欲しい」と言われたので開発者に説明するために何度もアメリカに行くことになった嫌な記憶だけが残っていますが、最後は日本で美味しい食事をご馳走してくれたので「よし」としておきましょう。

マイクロソフト社のビル・ゲイツ

 

・・・・・・

ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブスも、どちらもコンピューターソフトの開発はプロですが、ハードや部品開発については子供みたいな知識だったので、とても苦労しました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ドイツのメルセデス・ベンツが私がタダであげた「特許」を全て掲載する車を作るためには、「10年に1回のフルモデルチェンジ」をするタイミングに合わせる必要があったので、メルセデス・ベンツのボブは、「30年分の開発時間がかかる傑作だ!」とボブは偉そうに自慢して一緒に作った技術スタッフ全員と最後はビールを朝まで飲み明かして完成を喜びました。

その車がやっと今、日本の「シュテルン」と「ヤナセ」で販売しています。

・・・・・

私がボブに無償であげた特許のひとつに、「5点式位置情報」という世界のどこにもない「車の中のiPad」で自分の車を上から見ている画面が出て位置が正確にわかる特別な特許も無償であげたので、このプラグインハイブリッドモデルGLC 350 e 4MATIC Sports Edition Star」以上の車には全ての機種に搭載されているはずです。

・・・・・・

私が開発した「5点式位置情報」というものは、日本の自動車業界の全てのメーカーに教えようとしたのに、日産は「4点式位置情報を開発しているので忙しい」と言うし、三菱は「3点式の開発で忙しい」と言うし、トヨタは「電気自動車の開発で手一杯です」と言ったので、「メルセデス・ベンツだけの特許」になりました。

私へのボブのお礼は、運転操作画面に「二つのiPad」を使っていることが、彼の私へのお礼の気持ちですが、操作画面は特許なので、ネットで出てくる写真はたった1枚です。

・・・・・

仕事をサボる人ほど「忙しい」と言っておけば仕事をしていると思われると思っていますが、「忙しい」を口にする人ほど仕事をサボる人間だと優秀な上司たちは全員、知っていますのでよく覚えて反省して下さい。

・・・・・・

この「5点式位置情報」作った時も「国防特許」になっていますが、日本の水陸両用戦車や他の戦車にも搭載したので、あの狭い戦車の中で「敵の位置」を判断して砲弾を打ち込む時の「距離の測定」には欠かせないものなので現場の自衛官たちの要望で私が開発しました。

 

しかし、防衛省の武器の開発と研究部門の「防衛装備庁」を作った私を徹底的に排除したこれまでの統合幕僚長たち幹部の行いに対して、防衛装備庁の研究者たちには、

「吉岡学特別統合幕僚長に対して正式にお詫びして謝礼と給料と年金を払わない限り、スターリンクに繋ぐ5点式位置情報のスイッチはオンにしなくて良い」

と命令してあるので、きっと、まだ開発中だと言うはずです。

・・・・・・

防衛省資料:https://www.mod.go.jp/atla/research/ats2019/doc/inoue.pdf

・・・・・・

私が防衛省に所属していた実績も消されたし、「私の全ての国防特許」もないことにしたようだし、給与も年金もないなんてあまりにも酷い扱いなので、そのお礼はきっちりさせてもらいます。

 

さあ、防衛省の管理職の皆さん、何か、伝えたいことがあるなら、私のスタッフまで連絡して下さい。

地球創生スタッフ 初野:oaisisinfo@earthtscu.jp

アーカイブ