1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1989年〜「社長会」・ガイヤの夜明け・カンブリ宮殿・日銀 三重野泰総裁・都銀・財閥
  4. 【社長会】北海道で「吉岡学の社長会」が始まった理由・<ネット詐欺注意!>

【社長会】北海道で「吉岡学の社長会」が始まった理由・<ネット詐欺注意!>

1989年10月(30歳)に、「ダイエー労働組合の中央執行委員」になってすぐに、ゼンセン同盟北海道主催の中小企業の社長たちと労働組合との懇親会がありました。総勢、2000名の大集会です。

・・・・・

その懇親会には、労働組合さえまだ無い「北海道の土木建築関係の中小企業の社長」たちが集まっていたので、全国のゼネコン大手の社長にお願いして、「北海道の同業者に顔あわせをお願いします」と私がゼネコンの社長たちを北海道の土木建築関係の社長たちのテーブルに呼び名刺交換をしてもらいました。

 

・・・・・

 

1990年当時は「ダイエー労働組合」と言えば、建設業だけでなく、全ての産業の社長も、「経団連の会長」たちもすぐに対応するほど、「裏のあらゆる権力」とつながりが強かったので、私の「労働組合の名刺」を見せた途端、持っていた「500枚の名刺」はあっという間に無くなり、社長全員が「コピーさせて下さい!」と言うほどの人気でした。

・・・・・

・・・・・

北海道中の土木建築関係の社長たちだけでも100名以上はいたと思います。

・・・・・

・・・・

私にとっては全員が初めてお会いした社長たちですが、北海道の建設業のある社長がお酒を飲みながらぼやいていたので話を聞いたことが、「社長会のキッカケ」になりました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

北海道の中小企業は、国に税金を取られたくないので、「非上場」にしている会社も多いですし、労働組合も作れない少人数の企業も多いですが、「優良企業」もいくつかあったので北海道の中小企業を子会社にして、従業員を守りあいながら仕事をしている企業もたくさんあります。

 

・・・・・

<北海道の土木建築の社長の愚痴話>

 

結局はよう、儲かる大きな仕事は「本州の大手ゼネコンが受注する仕組み」になっているので、北海道の土木建築会社が受ける仕事はたっぷり利益を抜かれたあとの「儲からない物件」ばかりくるので、いくら真面目に仕事をしても従業員の給料は上げてやれないし、冬になればクビにするか失業手当で我慢してもらうしか生きる道はないのが現状だ!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

それでもよう、いくらか儲かった分は次の年のために貯めておかないと翌年の売り上げが上がるかどうかもわからんので、北海道の社長たちは受注した仕事をお互いに回しあって少しづつ利益が落ちるようにしたので、それで何とか従業員も食わせているが、従業員の子供や孫が生まれてもお祝い金さえ払ってやれないくらい俺たち社長も金がないんだぞ!

・・・・・

・・・・・

・・・・

それなのによう、今日のこの「会費3万円の会合に来い」と仕事をくれる親会社から言われたら来るしかないだろう!!!

・・・・・

・・・・・

・・・・

俺の会社は、釧路にあるんだぞ!

・・・・・

・・・・・

釧路から「JRの周遊券」を買って夜行列車に5時間半かけてやってきて、今日の会合が終わったら札幌の娘と孫に会うのがやっとなのに、それでさらに「組合を作りましょう!」なんて聞いたら頭に来ると思うよな!!!?なあ、お前もそうは思わないか!!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

吉岡)すいません、私は主催者側の「ダイエー労働組合の中央執行委員」ですし、ゼンセン同盟の評議委員でもありますので、委員長たちに成り代わりまして、心からお詫びいたします。

 

社長)おい、お前、本当にダイエー労働組合の中央執行委員なんだな!?

じゃあ、名刺をよこせ!100枚くらいくれよ!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

吉岡)意味がわかりません。

なぜ、私の名刺を100枚も欲しいのですか?

・・・・・

・・・・・

・・・・

社長)お前なあ、若いからまだわからんと思うが、この名刺一枚で、日本中のヤクザも怖がるし、本州の大手ゼネコンの社長も黙るほど影響力があるんだぞ!知らんのか!!!

・・・・・

・・・・・

・・・・

 

吉岡)はい、まだ、今年の10月に中央執行委員になったばかりなので・・・、どうも、すいません。

 

・・・・・

 

社長)ダイエー労働組合の中央執行委員で、俺たちみたいな中小企業の社長に頭を下げる人間はいないから、そんな「嘘の礼」はやめておけ!!!

・・・・

・・・・

ムカッと来ましたので、つい、言ってしまいました。

・・・・・

・・・・・

・・・・

 

吉岡)先輩に失礼を承知で言わせて頂きますが、私はあの日本刀を振り回す「吉岡一門の武士の最後の頭領」ですので、私が頭を下げると言う意味は、とても深い意味があります。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

「吉岡一門」は日本中だけでなく、第一次大戦で世界の植民地を開放した戦争の領地全てが、「吉岡一門の領地」ですし、そこで採掘される全ての鉱物も「吉岡一門」のものですし、それを管理しているのが、日本の財閥で、それが「日本の国家資産」になって日銀も全ての銀行のお金が動いています。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

私は12歳で正式に「吉岡一門の統領」になりましたが、当時の頭領だった父は本家を出て「小作農」になったので、

 

「絶対に目立つな!

何があっても吉岡一門の統領だとは言うなよ!」

 

と言われましたが、それくらい私の先祖は今も大きな意味でこの日本を支えている一族ですので、北海道で頑張ってらっしゃる社長に対して、「心が無い礼」なぞ、するわけがありません。

 

・・・・

・・・・

今の社長の話を聞いて思ったことは、自分は「たかがダイエーのスーパーの店員」で、組合をたまたまやることになりましたが、もし、ここに「吉岡一門の先祖」がいたら何をするだろうかと考えていました。

・・・・・

その結果、まずは、「お詫びすべきだ」と思い、頭を下げましたので、いくら先輩でも失礼な言い方はどうか、おやめ下さい。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

目の前で愚痴をこぼしていた社長は涙を流しながら、知り合いの北海道の土木建築関係の全ての社長を呼びつけて100名ほど私の周りに集まったので、全員に私の名刺をお渡ししました。

・・・・・

・・・・

・・・・・

吉岡)すいません、まだ組合のことはたいして勉強していないのでお答えできることは少ないですが、お店の中の組合の副支部長をしていた時の経験ならお答えできますので、どうぞ、質問がある方はお話し下さい。

・・・・

・・・・・

・・・・・・

社長)なあ、「吉岡一門は富山県にいる」と聞いていたんだが、なぜ、芦別市に住んで農家をしているんだ?

・・・・・

 

吉岡)それは、日本国を動かしている「北朝のバカ」たちが重税をかけたので、小作農たちの「百姓一揆」が全国でたくさん起きたのですが、ほとんどは「北朝のバカ」が自分の金を欲しくて小作に食べ物を渡さなかったから「百姓一揆」が起きたと父から聞いております。

・・・・・

▶️百姓一揆とは?

・・・・

 

A社長)俺の先祖は島根県出身だが、「百姓一揆はなかった」と親から聞いているので教科書は嘘だと思ったぞ!

・・・・・・

・・・・・

・・・・

 

吉岡)岡山県も「吉岡一門」がしばらく住んだ土地ですので、吉岡の先祖が「百姓一揆は禁止」と決めた代わりに、備蓄していたお米を小作農に配ったので、日本中の「南朝の武士の領地」においては「百姓一揆」は起きていないはずです。

 

もし、南朝の領地でも「百姓一揆」があったという人は、必ず、北朝からお金をもらって「嘘を広める人間」なので、その嘘に乗って「百姓一揆」をした小作農たちも吉岡一門の頭領は許したと聞いております。

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

社長)俺の先祖は、熊本県だが、「百姓一揆」は起きておらんぞ!

 

相当、長く熊本県に住んで代々、続いた家系だから「吉岡一門」に対して文句を言う奴は熊本県では誰もおらんかったぞ!

 

戦争の時も、武士たちは真っ先に自分で手を挙げて戦いに行き、日本の武士が1人いれば敵兵を10名以上殺せたそうでよほど強かった結果、日清戦争も、日露戦争も、第一次大戦も勝ったのに、どうして、第二次大戦だけは負けたのかな?

 

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

吉岡)これは父に聞いた話ですが、「北朝の昭和天皇」が世界を巻き込む「戦争ゲーム」に参加したらしく、そこでたっぷりお金を儲けたと言っていました。

・・・・・

まだ、天皇家の人には確認しておりませんが、第二次大戦という言葉は「北朝」の奴らがつけた名前で、正しい名前はアジアの植民地を開放するための「大東亜戦争」が正しいので、ぜひ、皆様は子供達に学校で教えることは間違っていると教えてあげて正しいことをお伝え下さい。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

注)「昭和天皇」が大東亜戦争を自分で始めて、自分で終わらせて事実は、マーゴおばちゃんが「戦争ゲーム」を仕掛けた張本人ですので、本人に確認済で事実だとわかりました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

だから、うちの父は家に飾ってあった昭和天皇と皇后の写真を外してしまってましたが、「春と秋の園遊会」だけは天皇家を2000年以上、裏から支えた「吉岡一門へのお礼の会」なので、それだけは父も行ってましたが、私が12歳で頭領になった時に園遊会に行くことはやめました。

 

私は12歳でしたが、分別は大人と同じように理解できる人間で、理不尽なことは許せないので、生まれた先祖地を捨てて、冬が厳しい北海道の土地に移住してくれたみなさんのご先祖に対して何ができるか考えているところですので、どうか、私にできることがあればおっしゃって下さい。

・・・・・・

多くの社長たちが涙を流してくれました。

・・・・・

・・・・・

・・・・

こういう流れの結果、北海道の社長たちを集めた「北海道社長会」が最初に始まり、次に、国の仕事を持ってくる「本州の全産業の一部上場企業の社長会」が札幌で行われ、次に、関東の社長たちが多かったので、銀座の最高のお店で「社長会」を開催した結果、私のことを陰で、「銀座の先生」と呼ぶ人たちが増えたそうです。

 

・・・・・

 

日銀の三重野康総裁も同席しているし、ゼネコンの全ての社長たちもいるし、都銀全ての頭取もいたので、「吉岡学」という実名を漏らした社長は「入室禁止」としていたからです。

 

・・・・・

 

銀行家やマスコミの人たちがいつも誰が主催者なのかを探し回っていましたが、日本の最も正しい情報を出している「会社四季報」の筆頭取締役の篠原勲さんが知り合いだったので、会社四季報の編集長だけは入室を許可して、どうやって日本経済がバブルを止めたのか、私の名前を出さずに記録を残してくれました。

 

・・・・

 

こういう事情だったので、いつも裏口から逃げていたので誰も私が「銀座の先生」だとはバレませんでしたが、東京の銀座のクラブで「半年間26回」ほど続けた「社長会」には、大手ゼネコン5社の社長+日銀三重野泰総裁+現在のみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の合併前の銀行の頭取が全て参加してバブル崩壊を喰い止めました。

・・・・

・・・・・

「吉岡学の社長会」に来たい社長は全国にもたくさんいたので、以下の通り厳しい条件にしていましたし、紹介者がはっきりしない人とは会いませんでした。

・・・・・

・・・・・

(当時の吉岡学の社長会の参加条件)

1、毎週必ず、来ること。親が死んでも子供が死んでも妻が死んでもどんな理由があったとしても、3回休むと「参加する権利」は消滅します。

 

2、吉岡学は謝礼金を一切、頂かない代わりに社長会で使うお店の場所代は、参加者全員で「頭割り」とします。

 

3、毎週1回の社長会の時間は「2時間以内」と決めて、飲み物はビールジョッキ1杯までとする。なお、終わったあとは自腹で好きなだけお飲み下さい。

 

以上のことを守れる人だけご参加下さい。

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

この結果、東京の社長会は週に1回やっていたので、お盆とお正月だけの2回は休みにした以外の年間50回を毎週参加した社長たちの協力のおかげで、1990年代のバブル崩壊を止めることができました。

・・・・

・・・・

・・・・

1990年1月(31歳)で札幌で始まった「社長会」は、本当は「100回の区切り」でやめようと思っていましたが、「俺はスタートが遅かったので120回までやってくれ!それで俺は100回達成になるから!」と言った社長のおかげで120回が達成した1992年5月20日(水)を最後とし、今まで来てくれた社長たち全員を札幌に集めてパーティをやりましたが、その最後に、水に「記憶を消す薬」を入れて、「吉岡学」の名前と「社長会」のことは全員に忘れて頂きました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

※この「記憶を消す薬」は、アホな「財務省の小指チンチン鈴木友康」が隠していた薬を2ダース盗んでいろんな人に使いました。

そうしないと、1990年のバブル崩壊後、また、マーゴおばちゃんが30年後に「バブルを日本に仕掛ける」と思ったので、次のバブルに対抗するための「最高機密会議で完璧な対策」を行ったからこそ、全ての人の記憶を消したし、最後は自分の脳にも「記憶を消す設定」をして消しました。

・・・・・

・・・・・

・・・・

この「記憶を消す薬」が入っているのが、普段、気にしないでみなさんが食べている「食品添加物」ですので、若年生老人症やマダラボケが一気に若い世代に増えている理由です。

・・・・・・

もし、今から体にたまった食品添加物の毒を消したい人は、「福寿塩」をWEBSHOPで注文して毎日、2リットルを目標に薄めてどんどんお飲み下さい。妊娠できなかった夫婦ができたと報告も頂いております。

 

・・・・

 

▶️神がつくらせた福寿塩(沖縄産)

 

脳の病気や内臓の病気が一気に増えた理由は、「医者が出す薬と食品添加物」が原因ですので、最近の老人のように一度口にしたことを繰り返し話す「ボケ老人」は昔はいませんでした。

・・・・・

医療の薬と食品添加物の相互作用で「記憶を忘れる効果が早く効く」ので、どうぞ、「無農薬の食品」にこだわって買い物をするようにして、病院から出される薬を全部飲むのはおやめ下さい。

・・・・・・

・・・・・

・・・・

(詐欺情報)最後に、平和ボケした日本に対して一気に「口座情報の抜き取り」が頻繁になっていますので、以下のようなショートメールが届いても開かないで下さい。

 

都銀が個人の電話番号でショートメールを送ることなど絶対にしません。

 

目が悪い人と頭が悪い人たちは、簡単に引っかかりますので、どうぞ、家族全員に注意をうながして下さい。

・・・・

・・・・

・・・

誰が個人の電話番号を盗み取るのかは、みなさんが使っている「LINE」 や「yahoo」や「ソフトバンク」や「pyapay」に登録された「個人情報」を自社が売っているので、昨年に続けて、また「LINEヤフーの情報漏洩」が発覚したばかりですので、「ヤフーメール」と「LINE」と「ソフトバンク携帯」と「PYPAY」を使うことはすぐにやめて「ドコモ」にすることをお勧めします。

近年、「情報漏洩した企業」はご自分で調べて対応して下さい。

 

 

・・・・・

このように、あなたの個人情報はあらゆるネットサイトに登録したデータが、登録した企業自身が売っているからこそ、急に知らない電話が来たり、「フッシング詐欺」や、「オレオレ詐欺」が蔓延して、あなたのお金を盗もうとしていますので、どうぞ、ご注意下さい。

アーカイブ