1. HOME
  2. ブログ
  3. 1989年〜社長会「銀座の先生」・日銀・財閥
  4. 【社長会】松下幸之助社長と有馬温泉に行った時、中内功社長が初めてこう言った。

【社長会】松下幸之助社長と有馬温泉に行った時、中内功社長が初めてこう言った。

14年間、サラリーマンとして働きながら「株式会社ダイエー」の収益を2兆円ほど改善するアドバイスをしたので、何度も潰れそうな時を乗り越えたので中内功社長とは特別な関係でしたが、「最後の最後まで自分のお金のことしか考えない中内功社長腹が立った」ので、携帯電話にも出ないようにしたし、店内の交換手から呼び出しがあっても、店長からお願いされても、一切、中内功社長の電話に出ない時期がありました。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

 

 

「吉岡が電話に出てくれないんだ・・・。きっと、相当、俺のことを怒っているみたいなんだ・・・。ちょっと様子をさぐってくれんか?」と、戦後の戦友として仲が良かったパナソニックグループの松下幸之助社長に愚痴をこぼしたようで、松下幸之助社長ご本人から電話あり「神戸の山奥にある有馬温泉で2人だけでゆっくりしようや?」と電話で誘われたので行くことにしましたが、有馬温泉の部屋の入ってみるとに、そこに「中内功社長」がやってきたので頭に来ましたが、話だけは聞いてみることにしました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

中内功社長)吉岡さんよう、よくここまで俺をあとをついてきてくれたなあ、なぜだ?

 

 

 

吉岡)俺がダイエーに入った理由は、社長の「やる気」に惚れたんです。

戦後の焼け野原から、一人で「物売り」を始めた覚悟と維持に・・・。

 

 

中内功社長)こんな俺でも、まだ、ついてきてくれるのか?

 

 

吉岡)前に話したように、私の祖父は「陸軍中佐」のバッチを国からもらいましたが、本当は「陸軍大佐」のバッチを渡すと言われたそうです。

 

でも、生き残った自分を恥じていた祖父だからこそ、「中佐にしてくれ」とお願いしたそうです。

 

だからこそ、私もアホな中内功社長を「大佐」と思ってここまで黙って付いてきましたが、もう無理です・・・。

 

あなたの息子の「中内潤」が社長になってから、好き勝手に売り場を壊すし、社員やパートさんにボロクソ文句を言うだけの人間なので、どこの店の授業員たちもいくらサービ残業をしても褒めてくれたことは無いと泣いているし、やる気もなくなり退職者も毎日、増えています。

 

こんな状況になる前に、なぜ、私をすぐに「社長」にしなかったのですか?

 

私ならダイエーを潰すようなことには絶対にしなかったのに・・・。

 

 

中内功社長)なあ、吉岡さん、本当にスマン・・・。

 

「最後の頼み」だから、聞いてくれ。

 

 

俺はもう一回、社長にもどるから、お前が「副社長」になって俺を支えてくれんか?!

 

 

 

吉岡)いい加減に目を覚まして下さいよ!!!

 

もう、あなたの言うことを聞く社員も取締役もいないし、銀行も国もあなたを社会から消そうとしているのが、わかりませんか?

 

ほとんどの都銀の頭取たちは、「私が社長」になればいくらでも金は貸すと言われているのに、そんなことを知らないのはあなただけですよ!

 

 

 

俺はもう、この会社をやめます。

 

ここまで陰日向に尽くした自分を褒めてあげたいし、もう、できることは全部やったのでダイエーに義理も人情もありません!

 

 

あなたのせいで、どれくらい社員が苦しんでいるのかわからないなら、あなたは生きてる意味も自分の価値もありませんよ!

 

昔の武士なら「切腹」ものです。

 

 

 

今日は「俺と松下幸之助社長の二人の最後の晩餐会」だと思って来ましたが、俺、もう帰りますわ。

 

今まで本当にありがとうございます。

 

こんな俺をよく社員に雇ってくれたことには、心から感謝しています。では、これで失礼します。

 

・・・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

横で寝たふりしていた松下幸之助さんは、布団を噛み締めて泣いてましたが、私の話が終わると「風呂へ行ってくる」と言って、タオルで目頭を抑えたまま部屋を出ていかれました。

 

・・・・・

 

この時、中内功社長は、初めて、自分の長女の「中内綾」を連れてきて紹介しようとしていましたが、私は頭に来すぎたので、簡単な挨拶だけして有馬温泉から一人でタクシーで帰りました。

 

・・・・・

・・・・・

・・・・

 

この事件は、1996年(37歳)に会社を辞める前の「3月の賃金闘争」が終わった「4月のある日」の出来事でした。

 

 

吉岡学はこの事件当時、東京の浜松町にあった「軍艦ビル」と呼ばれた「HOC商品本部」にいましたが、「自分の部下の書類」と嘘を言って人事本部から「退職届」をもらい、自分で人事本部の女の子にパソコンで「退職手続き」の入力をしたのを確認してから1996年7月10日付けで「自己都合」で退社しました。

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

もう、6月中に千葉県ユーカリが丘から札幌市内へ引っ越していたので、「7月10日の退職が発覚」したあと、「吉岡学が誰にも相談せずに勝手に辞めたみたいだぞ!!!」と全ての取締役から電話を頂きましたが、一切、出ないようにしていた最後の最後に、「松下幸之助社長」から電話が来たので出てみました。

 

 

松下幸之助社長)今よ、中内は銀座のクラブのママのところに行ったっきりで会社にも役員会にも出てこないみたいなんだが、「吉岡さんが一言、許す」と言えば収まると思うんだが、どうだろうなああ?少しは考えてもらえんかのう?

 

 

吉岡)人の気持ちがわからない人間は、「自業自得」だと思います。

 

私は何度も中内功社長にチャンスをあげたんですよ!!

 

松下幸之助社長は私の気持ちを一番理解してくれていると思うので、私も、中内功社長もそっとしておいて下さい、お願いします。

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

最後だから言いますが、私は中内功社長のダイエーOMC(旧・丸興)に隠していた「隠し資産全て」を把握していたので、長男の中内潤には「学校法人中内学園流通科学大学理事長」にしてやって、その学校法人化するための資産の中に「長男分のお金」を入れておいたし、次男の中内力さんと妹のあやさんにはきちんと「お父さんの隠し資産なので、正しい相続税と贈与税を納めて、自分の家族を守って下さいね」と伝えておきましたので、家族がお金で困るようなことは一生、無いようにしておいたのですよ!

 

・・・・・・

売り場まで来て俺に刃物を向けた中内潤でさえも、「親の気持ちが分からないバカ息子も、そこまで気を使って色々してあげたのに、あの中内功社長はまったく「裏金の管理」は無頓着で「部下任せ」だったので、あのまま「会長職」を降りた途端に脱税容疑で逮捕」されるところまでに行っていたのを止めたんですよ!!

 

・・・・・・

 

私は個人的に仲が良かった「財務省のマルサの課長」に手を回して、個人的にお願いして「脱税ギリギリ」でバレないように上手に采配して子供達にお金を残してあげたことを、ぜひ、次に中内功会長に会った時に松下幸之助社長からお伝えください。

 

・・・・・

 

父親のように思って、陰日向になって私が支えてきたことを中内社長は全然わかってないということが、「最後の言葉」でわかりましたが、私が自分でやれることは全部やったのでもう二度と顔も見たくありません。

 

・・・・・

 

ここまでいろんな流れがあったことも松下幸之助社長にはたくさんお話ししたのでご存知だと思いますが、「年収1億円で社長をやってくれとか?100億円でも払うし、松下財産の全てのお金もお前にやる!」と言ってくれた松下幸之助社長の気持ちに免じて、これ以上、お二人には関わらないことします。

 

 

戦後の昭和の日本をここまで牽引してくれたお二人に関われたことには、本当に心から感謝しています。

 

今まで本当にありがとうございました。失礼いたします。

 

 

・・・・・・

<このあと、株式会社ダイエーはどうなったのか?>

・・・・・・・・

▶️屋号まで消滅 ダイエー創業一族「2人の中内ジュニア」は今

ダイエーがついに姿を消す。ダイエーを連結子会社化したイオンが、15年1月の完全子会社化を決定。ダイエー株は12月26日付で上場廃止となる予定で、屋号は18年度をメドになくなるという。

・・・・・・

・・・・・

▶️脱税容疑の差し押さえが中内綾は?(ダイエー創業者長女)

2010年6月、弟中内正が相続税法違反および脱税容疑で逮捕された。

2005年に亡くなった、父・中内功の田園調布の豪邸を約13億円で売ったが、その時自身が受けた5億5千万の贈与分の税を申告しないでいたのである。

贈与税は2億7千万だった。この逮捕に時を待たずして、やはり正と同じく贈与を受けた綾にも、同様の理由で白金台サンクの自宅にも捜査、差し押さえが入つた。

金額が金額だけにおおがかりな捜査で、大量の段ボールが運び出された。
しかし捜査の結果、彼女は不正を働かず、正しく申告してた。脱税容疑は無事晴れた。肩まで伸びた黒髪、控えめで決して大きな声で話さない。

男を誘い込むような不思議な魅力をもつ彼女は、今日も中年男を惑わし読けている。

・・・・・

・・・・・・

 

▶️ダイエー創業者次男に有罪判決 故中内氏からの贈与税脱税(さいたま地裁)

ダイエー創業者の故中内功氏から贈与された約5億5千万円を申告せず、贈与税約2億7千万円を免れたとして相続税法違反の罪に問われた、プロ野球の福岡ダイエーホークス元オーナーで中内氏の次男、正被告(51)に、さいたま地裁は11日、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金5千万円(求刑懲役1年6月、罰金5千万円)の判決を言い渡した。

大熊一之裁判長は判決理由で「巧妙かつ悪質で、強固な犯意に基づく計画的な犯行だ」と指摘した。一方で「犯行を認め、反省の態度を示している。贈与税は修正申告し、全額納付している」とも述べた。

判決によると、正被告は2005年8月、東京都大田区の自宅売却に関連し、中内氏から約5億5千万円の贈与を受けたが申告せず、債務返済を装って約2億7千万円を脱税した。〔共同〕

アーカイブ