1. HOME
  2. ブログ
  3. 1996年〜マーゴ・VIP〜2014年
  4. <お前は死んでいる!>を言わせたマーゴおばちゃんの真意とは!?

<お前は死んでいる!>を言わせたマーゴおばちゃんの真意とは!?

マーゴおばちゃんから電話が来て、「一緒にドライブしよう!」とプライベートジェット機に乗って行くと、アメリカのロスアンゼルスの「リトルトーキョー」に連れて行かれました。

 

37歳で会社を辞めて「Amwayビジネス」を始めるためにAmway会社と商品を確かめたくてミシガン州エイダ市にある全長1kmもある「Amway本社の中を自由に見学した帰りに、ロスアンゼルスの「リトルトーキョー」に寄って美味しい中華を食べたので思い出がある街でした。

 

「リトルトーキョー」に住んでいる人のほとんどが中国人と韓国人ですが、食事が美味しいので、日本人観光客もたくさん来ている街がロスアンゼルスの「リトルトーキョー」です。

 

 

私が最初に乗った車は、白いボディの「NISSANスカイライン2000GT」で自分が乗っている車と同じスカイラインだったので楽々ドライブしていると、「今度は、スカイラインGTRに乗りましょうね!」と言われて、憧れだった「スカイラインGTRの改造エンジン車」で「リトルトーキョー」の街の外へ飛び出しました。

 

 

マーゴおばちゃんの言われた通りの道を進みながらいろんな音楽をかけてくれましたが、「その曲には乗れないから曲を変えて!」と言い続けると、やっと、「THX GAME」というゲーマーたちがハマる「戦争ゲームソフト」の音楽を再生しながら「マーゴおばちゃん」が「THX GAMEの会社の説明」を勝手にはじめました。

 

THXゲームの「Razer」という会社 https://www.razer.com/jp-jp/thx-spatial-audio/game-list

 

・・・・・

 

このTHXゲームの「Razer」という会社」の「対戦型戦争ゲームソフト」は、世界中のゲーマーたちが競い合うゲームらしいのですが、私はこういうゲームに興味がないので見たことはないですが、相当、世界のゲーマーたちには人気で「優勝すると莫大な懸賞金」をもらえるそうです。

 

▶️世界のゲーマの大会「eSports world」

 

THXゲームの「Razer」という会社は、ゲームソフトを売るだけの会社かと思うと、専用のパソコンも、ゲームソフトも、攻略する専用マシーンも高額で売っているし、会社を運営している人たちは、全員、マーゴおばちゃんが集めた「コンピューターの頭脳集団」が作っている会社なので、相当な利益を出している会社らしいです。

 

この「戦争ゲーム」に出ている人たちは、マーゴおばちゃんの商品たち(人間)に「実弾を与えて殺し合い」をさせているし、さらに高額なお金を出すと、「あるフィルター」が消えて「自分が実際に相手を殺した感覚になるゲーム」なので現実とゲームの境界線が無くなる「恐ろしいゲーム」が、今、世界で大人気だそうです。

 

さらに、お金を出して「裏サイト」を進んでいくと、「拳銃の密売ショップで本物の拳銃が150ドルくらいで購入できる」ので、アメリカで子供達の拳銃の乱射事件が起きる理由もよくわかりました。

 

 

そんなゲーム会社の説明を一生懸命にする理由を聞いてみると、

 

「吉岡学さんにこのゲーム会社の社長にならないかなあと思って説明したの」

 

と言うので、「今はサラリーマンを辞めて個人事業のAmwayビジネスを始めたばかりなので、そんな暇はないよ。」と断りました。

 

「せっかく、年俸10億円出そうと思ったのに・・・」

 

とあとで言うので、「それを先に言えば考えたのに・・・」と思いましたが、私は他人に命令されるのが大嫌いなので、いくらお金を積まれてもきっとやらないと思います。

 

・・・・・・

 

でも、なぜ私に「ゲーム会社の社長にならないか?」と聞いたのか不思議だったのでさらに質問した答えを聞いて驚きました。

 

・・・・・

 

マーゴ)吉岡学さんは、30歳の頃に、札幌で「社長会」を主催していたと聞いたし、その中に「任天堂の社長」も来ていたし、任天堂はファミコンのヒットのあと、プレステや他のゲーム機にシェアを取られて赤字になり、「私に借金」しようとしていた時に、「吉岡学さんが無償で経営アドバイス」をしたせいで、私が任天堂の株を買い締めることができなくなったので調べたの。

 

そうしたら、驚いたのよ!!

 

吉岡学さんのアドバイスはとても的確で、任天堂の社長は詳しくこう教えてくれたわよ!!

 

 

吉岡)今から任天堂が「ファミコン本体」で勝負しても絶対に SEGAには負けるので、「ゲームソフト」を自分一人で開発しているオタッキーな子供はたくさんいるので、どこの会社の人でも子供でも誰でも参加できる「個人が開発したゲームソフトの選手権」を開催して1位100万円、2位50万円、3位10万円の賞金を出すんですよ。

 

当然、他社のゲームソフト開発者のスパイが潜入して来るので、「実力が2位」の子供を「1位」として優勝させて100万円を渡してから、そっと、「ソフト開発の個人名特許契約」しておくんです。

 

この子供は「2位の実力」なのに「1位」で優勝するので、必ず、他社と契約するか入社するかもしれないけどそのまま放置して下さい。

 

多分、任天堂のライバルの「SEGA」に行くと思います

 

・・・・・

 

問題は、「2位になった子供」です。

 

この「実力1位」なのに「2位」になった子供を「個人名特許契約」をして、任天堂に入社させて下さい。

 

表向きは社員でもいいし、学生ならアルバイトでもいいですが、任天堂の会社の中に「専用ブース」を作り、ガラス張りにして他のゲームソフト開発者の刺激にします。

 

それでも絶対、「実力1位」の子供のほうが面白いゲームを作るはずです。

 

 

だって、30代や40代になっている大人が、今の子供が喜ぶゲームなんて作れるわけがないですもの。

 

 

能力がない社員は毎年給料を極端に下げて、自分から辞めるように仕向けます。

 

それが、「バブル崩壊企業」の生き残り術です。

 

・・・・・

 

「自己退職者」が増えても社会は問題にしないので「企業イメージ」を落とさずに「人員整理」をする方法だし、多分、1年以内に「実力一位の子供」が大ヒットするゲームソフトを作るはずです。

 

絶対に、あなたの会社にいるゲームソフト担当社員たちは、子供を脅したりイジメるので、「実力1位の子供」は必死になるはずです。

 

あとは、その子供が作ったソフトを画像編集ソフトで加工したり、動きを滑らかにするソフトを使えば、ものすごく少ない人件費で売り上げは大ヒットすると思います。

 

 

それとね、もし、最初に「実力2位」の子供が「 SEGA」で人気ソフトを作ってヒットしたら、 「SEGAの社長」にFAXを1枚送って下さい。

 

 

・・・FAX内容は・・・・・・

 

今、 とても流行っているSEGAのゲームソフトを作った〇〇君は、自分の名前で作る作品全ての「販売特許」を任天堂が持っているので、今まで売れた売上の50%を3日以内にお振り込み下さい。

 

もし、この「販売特許」を払えない場合は、任天堂で開発した全てのゲームソフトを 「SEGA」でプログラムを書き換えて、無償で売って、その売上で、「販売特許料」を支払って下さい。支払い期限は、半年後です。

 

・・・・・

 

まあ、これくらいやれば 「SEGA」は売れても利益がなくなるし、「任天堂」は売れなくても高い収益を得られるので、今まで 「任天堂」で教育して次期社長候補の部下が SEGAに行った「ソフト開発料のやり返し」には十分でしょ。

 

・・・・・

 

マーゴ)こんな話を任天堂の社長が詳しく教えてくれたけど、吉岡学さんが言ったとおり、半年後に大ヒットソフトが出たし、 SEGAからガッポリお金が振り込まれたのでウハウハですと言って私が株を買い占めることを止めたでしょ!!!

 

それに何!!!このアドバイスを全部、無料でやったんですって!!

狂ってるわ!!!

 

・・・・

 

ねえ、だから、もう一度、考え直して!

 

あなたみたいな経営アドバイスをできる人なんて、世界を探してもいないと思うの。

 

今の私のゲームチームを解散してもいいし、100億円払うから社長になって!!!!お願い!!!

 

・・・・

 

吉岡)絶対に、やりません。あなたのような株主にゴチャゴチャ言われたら、俺、きっと、会社を解体して売り飛ばしますよ!!もう、面倒くさい金儲けなんかの話をしないで下さい。

 

でも、よく私の「社長会」の情報を聞き出しましたね。

「口外禁止」の男の口約束も、信用できないものだなあ。

 

・・・・・

 

そんな話をしながら、大音量で車を運転していると、マーゴおばちゃんは、またこんなことを言い出しました。

 

・・・・

 

マーゴ)ねえ、吉岡学さん、「北斗の拳」て知ってる?

 

 

吉岡)知ってますとも!あの「お前はもう死んでいる!」で流行った言葉を吐いた漫画でしょ!

 

よく小学校の子供を持つお母さんたちから、「北斗の拳」の漫画やテレビを見ないようにしようという話し合いがあるくらい日本では問題になっているそうですよ!

 

 

マーゴ)そうそう、その「北斗の拳」を書いた岡村 善行(おかむら よしゆき)さんが、「スポーツ博打」に手を出して大負けしたので、私が代わりにお金を出してあげたから、世界の人たちに「もうすぐ、みんな死ぬんだよ!」というメッセージを込めた漫画を書きなさいと言ったら、「北斗の拳」を書いてくれたのさ。

 

 

漫画はまあまあのヒットだから少しは儲かったけど、「北斗の拳の販売権」は全て私が握っているので、「パチンコの平和の社長」に打診したら、「すぐに買います!」と言ったので、バッチリ儲けてやったわよ!

 

 

確か、「パチンコの平和」の嶺井勝也社長は、「吉岡学さんの社長会のメンバー」だったわよね!

 

 

あなたの名前を出したら、すごいアドバイスをもらったおかげでたくさん利益が出たのに、「お礼のお金をいらない」と吉岡学さんは言うので、「お礼の意味」で高く買いますと言ってくれたので、がっぽり儲けさせてもらったわよ。

ありがとね、吉岡学さん!

 

・・・・・

パチンコ代の製造メーカの「平和」は「北斗の拳シリーズ」で大儲けしたそうで、嶺井勝也社長からお礼の電話が来てました。

 

・・・・・・

 

吉岡)どうして、俺の名前を勝手に使って商売するんですか!!

 

うちの母親と同じ「酉年の女」は、ピーヒャラピーヒャラうるさいうえに、しつこく何度も同じことを言うし、黙って親父の高価なものを売り捌いて「金を貯めていた母」と同じことじゃないですか!!!

 

「他人のふんどし」で「相撲」を取らないで下さいよ!!

 

「酉年の女は信用できないから気をつけろよ!」と親父が言っていたけど、ほんとだわ!

 

 

マーゴ)あら、私のことを霊視していたの?

 

私は大したものは夫から盗んでないけど、盗んだものの合計は、ざっと300億円くらいかな?

 

大した金額じゃないでしょ?

 

女はね、みんな「夫の金目の物」を盗んで売って、「どこかに忘れたんじゃないの?」と言い張る生き物なのよ!!

 

盗まれる男のほうがバカだと思わない?

 

・・・・・・

 

吉岡)俺の嫁も同じように母から余計な知恵を貰ったせいなのかわかりませんが、「他人から貰った高額なもの」は全て売られたし、全部ヤクザの「大黒屋」に売って「偽物です」と言われて「数千円だけ貰った」と白状しましたよ。

 

でも全部本物で、20億円もしたマライヤ・キャリーがくれた「特注のロレックスの腕時計」も安値で売られたし、エルビス・プレスリーが実際に来ていて100億円のジャケットも燃やされたし、ビヨンセがくれた「ヴィトンの高級バック一式」も全部売られたし、マーゴおばちゃんがくれたイギリスとフランスの「最高級のスーツや宝石」も燃やされたし、「フェラガモの靴」も全部捨てられたので、今は、高価なものは何も持っていませんが、女とはそういうものなのでしょうねえ・・・・

 

・・・・・

 

マーゴ)あら、そうなの?あなたの奥さんもなかなかのやり手ね!

文句を言いたい気持ちもわかるけど、私の娘と同じ歳の吉岡学さんに怒られても、全然、私は気にしないので好きなだけ怒っても構わないわよ!!

 

どうせなら、今の腹立ちをそのまま言葉にしてちょうだい!!

 

今、紙に書いて見せるからそのまま読んで、この小さいマイクで話してちょうだい!!

 

・・・・・

 

吉岡)今、あなたに言われた通りにアクセル全開で運転した結果、猛スピードで警察の車が追ってきているので振り切っている最中なのに、なんでそんな忙しい時に面倒臭いことをやらせるのさ。

もっと暇な時に、ゆっくり録音すればいいでしょ!!!

 

 

マーゴ)あのね、吉岡学さん。

 

人間というものは、暇だと、ろくなことを考えないし、必ず、自分勝手なことばかり考える動物なので、「大事なことは忙しい人に頼め!」と昔から言うでしょ!

 

今、吉岡学さんは、とても手が離せないくらい忙しいからこそ頼んでいるの!

 

ねえ、ちょっとだけだけだから、この紙を読んでね!

 

こっちで勝手に録音するから!

 

 

吉岡)もう、言い出したら聞かないし、やめさせようとすると余計にひどく暴れるのはニワトリと同じだわ。

 

もう、いいから早く紙を見せて、終わらせましょう!!!

・・・・・・

 

 

 

吉岡)「万華鏡サリンガ?」

?????なんですか、この言葉の意味は?

 

 

マーゴ)もう、話しかけないで!私も忙しいんだから!!!

はい、次!!

 

 

吉岡)「お前は」・・・・・

このあとの言葉は言わなくていいの?

 

 

マーゴ)今、あなたが急ハンドルを切ったので、ひっくり返ったじゃない!!

もう少し、優しく運転してよ!

 

 

吉岡)だから、今、サツ(警察)がパトライトをつけて追いかけてきてるので、必死にハンドルを切って横道に入っているのに、勝手にひっくり返らないでしっかり捕まってなさいよ!!

 

 

マーゴ)はい、次の紙を読んで!!!

 

 

吉岡)「もう、死んでいる」

あれ、この前の言葉はどこにいったの?

 

 

マーゴ)だから、一言づつ書いた紙を見せようとしてるけど、運転が荒いので、いっぺんには見せられないの!!

 

・・・・・

 

マーゴ)もっと、大きな太い声で!!

 

 

吉岡)「お前はもう死んでいる」

 

・・・・・

 

「万華鏡サリンガ」

 

・・・・・・

 

紙の文字: 人間を全て殺してやる????

 

「何!!こんなの読めないよ!!!」

 

https://music.youtube.com/watch?v=5XEUZEzwODQ&si=gX7kAdNWMpKBYYCf

アーカイブ