1. HOME
  2. ブログ
  3. 2016年〜真実を学べる「神仏心大学」
  4. あなたは無意識に人を傷つけています

あなたは無意識に人を傷つけています

1月11日に公開した大久保長安事件(1613年)が、日本人の六割に影響している事を大神に知らされた時は驚きましたが、その理由を色々考えていてようやく大神の意思がわかりました。
まず日本全国の金山・銀山を統括していた最高役職に居た人間だからこそ、彼の死によって様々な思いをした人がいた事はわかりますよね。
今回、起きた事件で直接苦しんだ方は、汚名を着せられ惨殺された大久保長安の家族親戚の思い、その部下だった人たちの思い、さらには日本全体の金山銀山で働かされていた人たちの思いなどがあります。
反対に、大久保長安をだました方の本多正信・本多正純親子やだまされた徳川家康公自身の問題もありますが、御仏になった全ての人たちは天上界でもうその事についての学びは終えています。自らの幼さや愚かさを知り、互いに詫びをしあって魂的には和合が完了しています。
しかし、今回のメッセージの本当の意味はもっと人間の奥底にある大きな問題を定義しているのです。
この現世で生き続けている人の魂の奥底にある「思い」の事を言っているのです。それは、あなたがその事実を忘れていても関係ありません。
近い先祖やあなたの魂がその事を覚えている限り、永遠と続く「まどわしの心」があなたの心を揺らし続けて同じあやまちを繰り返しているのですよ。
思い当たる事はありませんか?
大久保さんや本多さんという名字の方で人間関係で苦しんでいる方がいたら、まずこの事が原因になっていると思って間違いありません。
またその腹心の部下たちも同じ様な思いで苦しんでいることでしょう。
私が名前を聞いただけでその人の先祖や心の奥底の思いまでわかる理由も、「名字」には過去全ての因縁が蓄積されているからです。
しかし、その過去の因縁を乗り越える為に「魂の役目の名前」を頂き、どこにいつ生まれるかを考えてあなたはこの世に生まれてきたのです。
だからこそ皆さんに「正しい先祖祈り」をして下さいとお願いしている理由は、先祖の為ではなく、あなたの心が過去のカルマに引っ張れない様にする為なのですよ!
でも今回のメッセージで大神が本当に伝えたい事はこれだけではありません。このひとつの事件を象徴的に伝えましたが、本当の問題は、
人の言葉を信じて他人を傷付ける本質的な人間の愚かさを改める必要があると教えてくれています。
あなたの日々の出来事で言えば、あなたが何気なく口にした近所の人のうわさ話、学校や会社の人のうわさ話、友人知人の間で広がるうわさ話で生涯苦しむ人たちがいる事に気づかず、無責任に人の言葉を信じて軽はずみな言葉を口する愚かな自分のことだと思って下さい
こういう「うわさ話」によって、どれくらい人が傷付いて苦しい思いをするかは、経験した本人でなければわかりません。
噂を信じて話しに乗った人が全く傷付けるつもりがなかったとしても、無責任に発言したあなたの一言で取り返しがつかないほど人を傷付けている事を気づかなければいけない事を教えてくれているのですよ!
「うわさ話で人の心を動かす手法」はエジプトの時代から現代でも続いていますし、政治や経済の世界や商売においては積極的に「うわさを利用した手法」を用いています。
現代では、「うわさをねつ造して流す専門家」も多く、テレビ・ラジオ・ネット社会・雑誌などの広告情報産業全てがその役目をしていると言えます。
嘘の情報を流した人が悪いのか?、嘘の情報を信じた自分が悪いのか?
その罪は、同罪なのです!
魂的に考えると、その被害者も含めて同じレベルの学びをしている同士だと言えるのです。
人間の根幹的な愚かさと幼さに気づく為に今回の大久保長安事件を思い出させてくれた事に感謝して、人間の愚かさをお詫びし、今後、二度と同じことを繰り返さない為の日本人全体の神事を行いますので、どうぞ自らの言動に反省する気持ちがある方は神事に参加するか、祈り合わせをお願いします。
人間は生きている限り、一生罪人なのです。
だからこそこうして生かされている限り、感謝とお詫びが必要なのです!
2月10日(木)日本民族のカルマ解消 大久保長安神事
場所:静岡県(駿河国一宮)富士山浅間大社・清水寺・安倍川・久能山東照宮
最終的な祈り合わせの時間は、「15:00 久能山東照宮」に合わせて下さい。

アーカイブ