「魂の封印」を完全に解き放つ!!

釧路の漁師の「干物」の干し方と思いやり

◯漁師の息子100万円

30代の頃、釧路の「漁師番屋」でイザコザがあった日の、翌日の出来事です。

▶️まだ、「釧路の漁師の話」を読んでない人は、こちらからお読み下さい。

お昼頃にホテルをチェックアウトして、釧路の海辺をぶらぶら歩いていると、漁師のおばさんが「干物」を干して売っているお店を見つけました。

店の奥から出てきた「干物屋のオバサンの話」が、すごい話だったので皆様にもご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

いいかい、「干物」ってのはね、朝から干したらダメなのさ!

朝から干せば、強い太陽にやられて、魚の中にいる「美味しい菌」が死んでしまうのさ。

見てごらん!あそこの家のベランダに、干しっぱなしになった「干物」があるでしょ!

あそこの嫁は、都会から来た女なので、私たち年寄りから知恵を借りようともしないから、私も意地を張って一切、あの女には「知恵」を教えないと決めたのさ。

だってね、引っ越してきて、普通は、「手土産と挨拶」くらいは、するでしょ!

あの女は私の雑貨店に買い物には来る客だけど、ああいう客は来て欲しくないねえ。

だってね、釧路の雑貨店に来る客はみんなババアばっかりだけど、たくさん子供を育てて、孫も育てて来たので、いろんな「知恵」を持っているババアなのさ。

私たちの「年寄りの集まり」で、「70歳を超えたら街のみんなの子供達を見守ること」に決めたので、幼稚園の通学路に旗を持って立って横断歩道を渡らせたり、手を上げない子供を叱って教えたりするのさ。

・・・・・・・・・・・・・・

だってね、世の中に出たら、「自分勝手な生き方」なんて、できないんだよ!

街のルールも、学校のルールも、家のルールもあるでしょ!

社会に出れば、「社会のルール」ってもんがあるでしょ!

・・・・・・・・・・・・・・・・

そのルールに沿って生きることが、どれくらい人生を生きるのに大切なのか、わからない子供がいるからさ、私たちババアは、「アメ」をあげてから叱ることに決めたのさ。

子供だって誰だって、「頭ごなし」に怒られるのは嫌でしょ!

だから、安いけど、ほら!こういう美味しいアメをあげて、一言、注意すると必ず、次はきちんと手をあげて横断歩道を渡るもんさ!

子供っていうのは、「口で教えてもダメ」なのさ。

だから、ああいう都会の女は、「年寄りに知恵を借りる心」がないので、きっと、あの家の子供たちは苦労するよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

干物も同じでね・・・、朝、父ちゃんが釣った魚をそのまま干せば、水気が一気に飛んで旨味が消えるし、さらに、昼間の強い太陽に当てると、身に入っている美味しい菌が死んでしまうのさ。

だからね、こうして午後の優しい太陽になった時に、そっと魚を干して、太陽が落ちる前に家に入れるのさ。

これを三日、続けると、ものすごく「旨味」が引き締まった美味しい干物ができるんだよ!

あとは、季節に応じて、湿度が違うので、湿度が多い日は、家の中で「電球の光」でゆっくり「干物」を干しておくのさ。

ほら、これを、食べてごらん!

昨日、取り忘れた一匹の干物と、今、3時間だけ干した干物の味を食べ比べてごらんよ!

いただきます!

・・・???? 全く「普通の干物」と味が違います!!

「干物」って、こんなに美味しい物なんですか?

そうだよ、私たち漁師のババアたちは、こうやってたくさん美味しい干物を作って、風通しが良い場所に保存してあるのさ。

そして、大切な人が来た時の、「帰りのお土産用」に用意して渡すものなのさ。

干物にも「旬」があるのを知ってるかい?

いえ、知りません。教えて下さい。

普通の干物は、持っても3ヶ月なのさ。

それ以上、置くとカビが生えてくるので、食べられないわけじゃないけど、「風味」が落ちるんだ。

だから、そういう売れ残った干物は、父ちゃんと晩ごはんで食べるんだけど、これがね、また、本当に美味しいんだよ!

少しのカビは、逆に「旨味」も増すので、都会じゃ買えないでしょうけどね。

欲しかったら残りの三匹、私たちの晩御飯だけど、持って行くかい?

さあ、ほら、あげるよ!

いやあ、オバサン、ただでは申し訳ないので、これ(千円)で・・・。

あんたねえ、年寄りがあげるっていう時は、黙ってもらっておきなさいよ!

この「干物」を持って、あのスナックに行ってごらんよ!

もう、最高に美味しい料理にして出してくれるはずだよ!

ここらのスナックの女たちは、みんな「漁師の娘」だし、嫁も、子供も、みんなスナックで働いて、「接客業」を覚えてから、世の中に出るものなのさ。

だけどね、早くに親が死んで、爺さんも婆さんもいない子供たちもいるので、「昔の味」を忘れてるから、あの○○○スナックのママさんに言って、「私からもらったので、調理をお願いします!」って言いなさいね。

きっと、美味しい定食にして出してくれるはずだよ!

・・・・・・・・・・・・

「見知らぬ街」で、「見知らぬオバサン」から「干物」をもらい、さらに「見知らぬスナック」に入るのは勇気が入りますが、ここは「流れ」を信じてスナックに行ってみました。

まだオープには早い時間だし、地元の客じゃないので、最初は、つっけんどんな対応をされましたが、「干物オバサンの話」をすると、驚いた顔をして、聞き返されました!

あんた、あの婆さんから干物をもらったの????

あの婆さんは、こっちが客で干物を買いに行っても、気に食わない客だとすぐに追い返して、「干物」を売ってくれない「気が難しい婆さん」で有名なんだよ!

あんた、何したの?

あの婆さんとエッチでもしたの???

もう、冗談にも程があると思いましたが、まあ、漁師街なので、言葉が荒いのはわかっていたので、「愛だけ、あげました(^^)」と言い返しました。

・・・・・・・・・・・・・

わかったわ!そしたら、「あんたの愛」でもらった「干物」を、「私の愛で美味しい定食」に作り替えるから、そこで飲んで待ってなさい!!

・・・・・・・・・・・・・

さあ、食べなさい!

これが一番、干物を美味しく食べるコツの料理なのさ。

あ!それとね、今日の飲み代は、一切、いらないから好きなだけ何杯でも飲んで帰ってね!

さっきの「干物」、私も半分もらったので、家に帰ってから子供たちと食べるのさ。

だってね、あの婆さんの作った「干物」は、ここ釧路でも有名で、みんな買いたくて並んでいるけど、売ってくれる人は少ないので手に入らないのさ。

私も父親と夫を海で死なれたので、こうやってスナックで子供たち3人を育ててるけど、あの「婆さんの干物」だけは絶対に、売ってくれないので、ずっと食べたかったのさ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

さっき、「干物屋のオバさん」が話してくれた話しを詳しく話すと、大声でママさんが泣き出しました。

・・・・・・・・・・・

あの婆さんには、子供の頃から、いっつも怒られていたので、きっと、私を憎らしいと思っていたけど、本当は、わかってたんだね・・・。

親父がいない家の厳しさと、夫に死なれて、一人で頑張っている私を遠くから見守ってくれていたんだね・・・。

私の気の強さと弱さを見抜いて、「私のスナックで飯を食わせてもらえ!」と言ったんだねえ・・・・。

・・・・・涙、涙・・・・・

だってね、あの婆さんの娘たちも、スナックをしてるのに、変だと思ったんだわ・・・。

ほんとなら、自分の娘のスナックに持っていけば、すぐに美味しい料理にして出すはずでしょ!

わざわざ、あんたに干物を持たせて、私のスナックに行けなんて、言ってくれる優しい人だとは知らなかったわ・・・。

私、バカだね・・・・。

本当に、優しい人の気持ちに気づけない自分勝手で、強情っぱりのバカ女だわ・・・。

ありがとう、教えてくれて!

明日、あの婆さんに、きちんと子供たちを連れてお礼に言ってくるわ!

あんた、「神様の使い」みたいだねえ・・・。

これで、やっと私も「肩の荷」を下ろせるかな・・・。

父ちゃんが死んでから3年経ったし・・・それを知ってて、あの婆さんが私にくれたんだだろうなあ・・・この干物を・・・。

もう、過去の苦しみを引きずらないで、「自分の足で生きなさい」と言ってくれたんだと、今、やっとわかったわ。

・・・・・・・・・・・・・

あなた!今日はベロベロになるまで、飲んで行きなさいね!

女を抱きたかったら、私の娘3人の中から好きな女を見つけて抱きなさいね!

一人でも二人でも、三人一緒でも、いいからね!

みんな子持ちだけど、いい女ばっかりだよ!

・・・・・・・・・・・・・・・

あのう、気持ちは嬉しいですが、もうだいぶ飲みすぎたので、ちゃんとできるかどうかわからないので、誰かホテルまで送って下さい。

あ!そうだ!今日のホテルは予約してなかったんだ!!

こんな時間から入れるホテルは無いですよね?

何処か知り合いの、ホテルの人はいませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

ホテルの人かい?・・・知らないことはないけど・・・。

そうだ!今日は「長女の家」に泊めてもらいなさい!

今日は、旦那と子供が札幌に遊びに行ってるので、家には誰もいないし、あの夫婦、もうずいぶん、セックスしてないから、あんた、明日の朝でも元気になったら、セックスしてあげなさいね!

私は母親だけど、娘が「気持ちいいセックス」できないなんて、本当にだらしない男だと思うけど、まあ、男の子を一人、産んでくれた種元なので、それで諦めるしかないと思ったけど、今日のあんたが「私にお礼する気持ち」があるなら、私の娘を抱いてあげなさい!

次女も、三女も、あんまり、夫の「セックスの相性」が悪いのか、「気持ちいいセックス」は知らないと言うんだけど、あんた、女を気持ちよくできる男かい?

はい!それは大丈夫です!

これまで十分、練習を積んできたので、自分勝手なセックスはしません。

する時は、相手を喜ばせることを最も心がけているので、それでよければできますよ!

わかったわ!じゃあ、娘には私から事情を話しておくから、気がすむまで飲んでなさい。

あとで娘が迎えに来るから、相手をしてあげてね!

今日は、ありがとね!!!

・・・・・・・・・・・・・

こんな素敵な人たちに出会ったおかげで、「釧路」が大好きになってしまいました。

「漁師番屋」出会った漁業組合長に出会った日の、翌日の体験談でした。

・・・・・・・・・・・・・・・

「人と人の繋がり」が、本当に大事な時代になったからこそ、私の体験談を通して、ぜひ、あなたも自分の人生の生きる意味を考え直して下さいませ。

本当に、目覚めたい人は、このセミナーを受けて下さい!!

 

 

スポンサーリンク
◯漁師の息子100万円
【地球創生】天無神人の活動|地球と人間の存在理由 SaveLoveEarth

コメント

タイトルとURLをコピーしました