1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1977年〜岡山理科大学 数学課程・情報処理課程・防衛省 陸将補
  4. 【防衛省】2024年1月1日16:10 震度7 能登半島地震は、中国のICBM爆弾です!

【防衛省】2024年1月1日16:10 震度7 能登半島地震は、中国のICBM爆弾です!

2023年12月1日に、▶️「啓示」として、2024年に2回、大きな地震と津波が日本を襲いますので逃げて下さい!」と皆さんには伝えましたので、12月末で「東京の新宿事務所」も引き払い、北海道に戻りましたが、2024年1月1日に、日本海側で「震度7」が起きました。

・・・・・

2024年1月1日 16:10 震度7 M7.6 能登半島 震源の深さ16km 津波警報発令

・・・・・

しかし、私が感じている「大地震の啓示」は、「もっと大きな被害の地震が太平洋側に起きて関東を直撃する」と感じていますので、1月1日の地震から一人一人が正しい判断をして行動して下さい。

    

日本とアメリカの震源地の位置が違いますが、きっと、人工衛星が違うせいなのでしょうね。

・・・・・・

2011年3月11日に起きた「東日本大地震」は、羽田空港にいたので「市原市にあるコスモ石油精製所爆発の火柱」を羽田空港の中華レストランの窓から見ましたし、羽田空港にいた全ての人が一晩、缶詰にされた中にいたので、私が現地にいる理由を上に聞くと、こう言われました。

・・・・・

これから日本を襲う地震や津波は、こんなものではない。

この数倍の大きな被害が出るが、お前は人間を生かすか殺すかの判断をする人間だからこそ、周りの人間たちの反応をよく見ろ!

準備をしていない多くの人間は、ただ逃げ回り、喚き続け、周りの人たちを苦しめて迷惑をかける行動しかしないし、さらに、「自分だけ助けて欲しい」と喚き散らしている人間もたくさんいるだろう。

お前に頼まれたからこそ、今回だけは「関東直撃」を避けて東北にしたが、二度と、震源地をずらすことはしない。

いずれ、「関東直撃」は避けられないとだけは伝えておこう。

それまで人間がどういう対応をするのかよく見て、地球に人間を生かすのか、すべて死なせて違う種族にやり直させるのかをお前が決めろ!

それが、お前が人間に生まれた役目なのだから、俺たちはどんなことがあってもお前をサポートする!以上

・・・・・・・

1995年1月17日の「阪神淡路大地震」も、妻が淡路島にいて燃え盛る炎の淡路島の様子を千葉県ユーカリが丘駅の自宅でテレビを見ながら、朝6:30に電車に乗り、浜松町のダイエー本社に向かいました。

当時の私は36歳の「ダイエー商品部のバイヤー」だったので、中内功社長から「神戸救済命令」が本社アナウンスで聞こえ、「全国の全ての業務よりも神戸救済を優先しろ!」と社長命令が出ました。

 

商品部の上司の命令は、「神戸三宮に3日後に入り、ダイエー三宮店と、ダイエーポートアイラド店の商品陳列をせよ、商品は取引先が運ぶので、その対応をせよ」でした。

 

「神戸救済の第一弾チーム」とは、関西のバイヤーとSV(スーパーバイザー)たち全員が歩いて自宅からお店に向かい、現地で不足しているものを判断して取引先に連絡し、一人が持てる最大の大きなリュックを背負い、両手に持てるだけの商品を持って、3時間から6時間、歩いて神戸三宮駅で販売するための対応を毎日してくれました。

結果として、2ヶ月間、休みなしで働いたSVが2名、過労で亡くなったことを関西の労働組合の委員長から聞いたので、中内功社長に直接、電話で「労災を認めてお金を持って行って欲しいです」と頼み、ご自分でお二人の家族に自宅にお金と食べ物を持っていき、「社長が大変申し訳ないと土下座した」ことをと筆頭取締役から聞きました。

中内功社長に頼まれて私が撮影した写真

 

・・・・・・

地震の対応は、初期対応が重要だからこそ、第二弾、第三弾と東京の本部の人間がチームを組み、私は「第二弾の救済チーム」に選ばれて、同僚と二人で新幹線、在来線、歩きで神戸三宮に行きました。

神戸三宮には、岡山理科大学時代の同期のお父さんが神戸三宮の駅前で「洋服店」をしていたので、まず、現地の状況を把握するために最初に訪ねましたが、テレビで伝えているような綺麗なものではなく、強姦、いじめ、放火、盗人が溢れたので、町内で「自警団」を作って24時間体制でお互いを守っていた話を聞けば聞くほど、言葉が出なくなりました。

・・・・・・・

唯一、救われた情報は、「神戸山口組本家の組員たち」が全員が炊き出しをしたり、備蓄していた食べ物を全て家を回って配り、組員たちが「おむすび」を握って地域住民に届けた事実を聞いた時、警察でさえできなかった戦後の焼け野原の治安を守った「ヤクザの任侠道」に感動したので、人間としてお礼の電話を山口組本家にすると、本家を守っている「井上邦夫組長がありがたいお言葉で涙が出ますと、お礼を伝えてくれました。

人間は究極に追い込まれると、「誰かをいじめたり苦しめたりして自分を守る自己防衛本能」が働くので、ニュースには絶対に出ない事実をたくさん聞いたからこそ、自分たちに何ができるかを考えながら売り場の修復をしました。

大きな地震が起きた時は、どれほど準備をしている人でも周りの全ての人が混乱してるので、「大声を出さずに泣き喚かずに冷静に判断する人が重要」ですし、人間の本性がそのまま出て犯罪やトラブルも増えますので、「正しい情報」を手に入れて、信頼がおける周りの人との関わり方に気を配って下さい。

 

「国が報告した地震結果」

⚫️東日本大震災

2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18.1秒(日本時間[8]宮城県牡鹿半島の東南東沖130キロメートル (km)(北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24 km)を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生した[9]。地震の規模はモーメントマグニチュード(Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震である。

⚫️阪神淡路大震災

1995年平成7年)1月17日5時46分52秒(日本時間UTC+9)、兵庫県淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、マグニチュード7.3の兵庫県南部地震が発生した。

・・・・・・

どうして震度は「7」までしか、ないのですかねえ?

昔は、「震度10」まであったはずなのに・・・。

アーカイブ